坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of a perfectly enlightened Japanese Zen Master Roshi Kando Inoue 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される魯山貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

欠気一息


坐禅は正身端坐(しょうしんたんざ)するだけではない

正身端坐(しょうしんたんざ)とは、目を開いて、結跏趺坐や半跏趺坐に坐り、法界定印(ほっかいじょういん)を結び、舌を上顎につけて、前後左右に傾かないように身体を整えて、欠気一息(かんきいっそく)して、左右揺身して止まり、坐禅の格好を整えること



坐禅のやり方


350zafuonzabuton_FotoSketcher「今のありように本当にこう、いてごらん。他で見つかることはないんですよ。

「他の時間帯で」「どっか他所で」「何か」。そんなことはないです。今の様子の中にあるんだから、いつでも。

一番厄介な問題なんですよ、これ。坐禅して。
一番厄介な問題でしょ。

一応、形を作らせて止静を入れて、坐禅始めますよってって、一応そこに坐ってるけど、
鐘が鳴って、経行ですよとか、抽解があって止まって、
また坐るんです。

だけど坐ってる時のありようはどうあったらいいかっていうことが、一番問題なんでしょ。」
― 井上貫道老師





「修行は「思い」ではないんです。 『こうやればいいんだ』って方程式を立てておいて、それに沿ってやることではないです。」
― 井上貫道老師






このエントリーをはてなブックマークに追加

坐禅中の呼吸は長いのが良いのではない

座禅中に呼吸は意識しない

動画はパスワード保護されています
パスワードは、当該の坐禅会(神戸坐禅会)に出席された方のみが知ることができます


動画はパスワード保護されています

坐禅はなるべく寒くないようにする
なるべく足が痛くないようにする(だから、丸い坐蒲を使う)

動画はパスワード保護されています


動画はパスワード保護されています

坐禅の始めには欠気一息(かんきいっそく)をする (坐禅中はもう呼吸を意識しない)
坐禅中の呼吸は長いほうがいいのか? 一番良い呼吸とは?
不思量とは、何もしないこと;非思量とは

動画はパスワード保護されています
 

動画の一部から:
「この会場の皆さんが、だれが優れているとか、だれが劣っているとかないですよ 
信じられますか?
自分の中で、自分の見方で評価しているだけですよ

だから一度自分の思考を離れてものそれ自体に触れる必要があるんです」



考え方を用いた修行では、本当に真面目にやっても結局役に立たない

「本当に真面目に修行したのだけれど、みな考え方でやっている(修行している)ので、役に立たないんです」



(なお、この提唱のあとの質疑応答は当時録画・録音されていませんでしたので、文字起こしもありません)


03d51dce8998436aa6c5bb0ed10983ff_s








このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ