坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of a perfectly enlightened Japanese Zen Master Roshi Kando Inoue 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される魯山貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

悟りと喜怒哀楽

悟った人は他人の喜怒哀楽の感情は理解できるのかー悟った人の生活・感情


今年2021年のGW中の井上貫道老師の新潟東山寺摂心は中止です
4月の井上貫道老師の東京での坐禅会は神田のみ実施、他は中止です
2104-05schedule


母が亡くなりました

hahatoko


何年か前のこと、母親がガンで亡くなりました。ちょうどお寺で接心が始まったので、葬儀の翌日、わたしは接心に行きました。(管理人の事です)

それまで毎回接心(攝心)には参加していたのですが、さすがにお通夜と葬儀の日には参加できませんでした。



接心参加した初日に早速独参に行きました。

内容はほぼ覚えていませんが、接心に遅れた理由として、母親の死の事を老師に告げました。
今思い起こせば、お通夜や葬儀では涙は出しませんでした。


そしたら、突然悲しみがこみ上げてきて、老師の前で大声で泣いてしまいました。

老師は、その間ずっと無言で対座されています。


老師のお母様は、
老師が2歳の頃病死されたこと、
老師は流石に母親の面影も何も覚えておられないこと
を以前伺ったことがあります。

しかし、その時は、私の悲しみと一緒に居てくださった、そのような感じがハッキリとありました。

葬儀でも涙を流さなかったのに、なぜ老師の前では声を出して泣いてしまったのかわかりません。
(老師はわたしの母はご存じないです)
お葬式の翌日でしたし、
この方の前ではどんな感情もさらけ出して良いと、心の奥では知っていたのかもしれません。


そして、静かになったわたしに一言、


「母親は一人しか居ないですからね」


それが母親の顔を知らないし思い出もない老師に言える正直な一言でした。



しかし、それは数々した独参中の老師の言葉で、最も印象的な言葉でした。


その後、自分の母のことに対して愚痴をこぼす人には、老師のその言葉をお借りして、
「でも、お母さんは一人しか居ないですからね」
と、そのように言っています。


その中で一人、とても親孝行になった人がいます。
老師のことばの威力だと思っています。

⇒ 【質問】悟ると喜怒哀楽の感情はどうなるのですか?  という記事を読む

--------------

仏教ではなかったのですが、母親の宗教心はわたしに多大な影響を及ぼしました。
20代になって仏道にご縁をいただいたのも母親のお蔭だと思っています。


ちなみに、母親のガンについては発見した時にはもう手遅れだったこと、本人の希望があったことで、胃ろうも含み延命治療は一切しなかったです。
心臓マッサージも断りました(骨が折れて惨めな姿になるだけだから)。
病院には儲からない患者でした。


しかし、最後までまったく苦しむこともなく安らかに逝きました。
ガンで苦しむのはガン自体ではなくて、がん治療のせいだということを聞いていましたが、母親の場合を見ていて本当にそうだったと思います。
abotoorugan2joken
安保 徹『人がガンになるたった2つの条件』 (講談社+α文庫)


日本のがん治療は諸外国に比べて相当遅れているようですよ。

新潟大学名誉教授だった安保徹博士は、
「「恒温動物である人間は一定の酸素と温度が必要だが、この二つの条件が得られないと生きにくくなる。その状態が続くと体はこれに適応できる細胞を新たに作り出す。それがガン細胞。ガンは低酸素、低体温に適応現象として現れるものに過ぎない。遺伝子や発がん物質などを持ち出さなくても自身の日常を振り返ればガンの原因が見えてくる。3大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)に依存しなくても低酸素、低体温状態に陥った生活を見直していくことで治癒させることもできる。逆にそれをせずにガン細胞を取り除いたところでガンはなくならない。(中略)代替医療にはさまざまなものがあるが、成果をあげているものに共通しているのは体を温める効果があるもの」ー『人がガンになるたった2つの条件』
と述べています。

安保徹医師は、テレビにも出られたことがありましたが、影響が大きくなるにつれて、医学界やマスコミからは無視されるようになりました。
新潟大学大学院の名誉教授なのに、亡くなられた時は、訃報が一行も新聞に取り上げられませんでした。

マスコミが報じて、「薬を使わない医療」なんて注目されたら、お金儲け先行の医師も、製薬会社も、それで成り立つTVや新聞も困るからです。

医師も製薬会社も仕事ですから、儲けていいですよ。医業でも薬業でも、利益を取らないと生活できないし、病院も会社も潰れます。
新聞やTVも製薬メーカーが広告を出してくれなくなったら運営ができません。それは分かります。


でも、薬を使わないことを推奨する医師の意見も取り上げてもいいでしょう。

どこまでも貪ろうとするのを三毒-貪瞋痴の三毒というのです。
これが人間を誤らせます。


最近は、世の中が利益優先で動くのが、ちょっとひどくなっています。
しかも、外国の勢力が日本を侵していて、日本の会社でも資本は海外ということが大変多くなっています。
法律が不整備なのか、大多数の日本人の知らないところで、日本は侵攻されています。
表立って攻め入られていないように見えるだけで、実は中国や西洋の資本が攻めて来ています。

利益優先にしているものだから、断れないのです。



9割の国民が騙されている?レジ袋有料化は本当はECOのためではなくて...



 ふるさと納税の闇、ECOは大嘘:ゴミ分別にうごめく闇の勢力 という記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

井上貫道老師が坐禅会で話されたことばから


仏道をならうというは、自己をならうなり ―道元禅師

 
●釈尊も道元禅師も、みんなあらゆる書物を勉強して理解できたほどに頭がいいのに、結局はそれを捨てて自分自身に学んだんです。

なぜ大先輩達が自分のありように学んだのか、ってことですよ。






●本来「禅」なんてないですよ。

本当の真実そのものだけです。


それを見つけた代表の一人が釈尊です。
後世の人がそれを名付けて「仏教」「禅」と呼んでいるだけですよ。





●(仏法どおりに)「そうなれるか」「できるか」じゃなく、「そうなっている」ことを確かめてください。





●ある参禅者(一般人)と老師との問答:
私:
かくかくしかじかのことを見ました。

老師:
間違っていません。そのまま置いておけばいいです。


参禅者:
今まで通り坐禅を続ければいいのですね。

ただ、今は思考がわーっと動き出して、見たそれを「ははあ、なるほど、そういうことか」と概念化したがっています。


老師:
まあそうでしょう。面白いもんですよ。今まで聞いた仏教知識や経典が全部分かるようになるので、頭の中で整理し直したくなるんです。考えを整理しているのは面白いですからね。

それと、他人の言うことや修行に口出ししたくなったりね。

今はそういう時期ですから、しばらくそういったことに注意して、坐禅を続ければいいです。



参禅者:
あああ~、まったくおっしゃるとおりです。気をつけて続けます。
もし頭で整理している様子が出てきても、それもそのままにしておけばよいですね。

老師:
そうです。
 


参禅者:
そのうち完全な自覚が生まれるのでしょうか。

老師:
もちろんです。だってそれ以上、何も無いんだもの。 
 
(問答終わり)





●悟っても喜怒哀楽がなくなるわけではありません。
釈尊だって喜怒哀楽を持っていました。

ただ自分の思いや自分勝手から出る喜怒哀楽ではありません。

そこが一般の喜怒哀楽と違うところです。





●何もしないで手を付けずにおれば、「縁(=事実、現象)」によってこの心身は自由に変わります。 
千変万化です。とにかくそれをよく見てください。




●いくら縛ろうとしてもこの全心身は自由に活動しています。
赤いものを見れば赤く映るでしょ。
青に変えればさっと青に変わるでしょ。

そのぐらい自由です。




●もちろん自由と言っても「自分の思いどおりになる」という自由ではないですよ。





●普通の人は、自分で描いたイメージどおりになれば納得するし、ならなければ納得しない、それだけのことなんですよ。




●「あの人はいい人だ」とよく言ったりしますよね。でもこの「いい人」って言ってるのは、多くの場合、「自分の思い通りになる人」のことなんです。





●「思い」の中に実相はないんです。只の虚像にすぎません。





●「自分の様子」は探さなくてもいいんです。いつでもどこでも自分の様子ばかりでしょ。それに手を付けずそのまま参じていればいいんです。




●「リリリリ」と鈴虫が鳴いていますね。「リリリリ」だけで終わっておけばいいんです。




●お湯飲みの中にお茶が入っていたら飲むし、臭いものが入っていたら手を出したくありませんね。

でもお湯飲み自体は何も変わらないでしょ。


自分というのはお湯飲みです。

採れたての事実を自分という器の中に入れましょう。


というか、いつでも採れたてのはずですね。





●事実を取っておくことはできませんよ。

事実をつかまえておくことは不可能です。
記録することはできますけどね。




●昔のことを今やっている人は一人もいませんよね。誰しも今は今のことしかやっていません。1分前のことを今やっている人がどこにいますか?






●自分の生きているこの姿こそが根本で、それ以外に何もないでしょ。
だからそこに勉強するのが一番ですよ。
書き物や人の言ったことよりもそちらに学ぶことです。





●手放しなさいというと、何か握っているものがあって、それを捨てるんだと思うのは間違いです。

(机を叩いて)「コン」、

これに手を付けないようになどと言いますが、手を付けるものがありますかね?

手放すものもなく止めるものもない、そのことを指して「手放す」と表現しているだけです。





●「どうしようか」「こうしようか」というのが休まっている時が正法現前です。






●「どれが今の様子だ」なんてつかまえて「これか」なんてやると、もうお話にならないですね。





●「教えのとおりになろう」とすると、そのことが距離を作り、追いかけっこしてしまいますよ。





●こうやって「コン」と机を叩くと、距離も時間も飛び越えてそのままあるでしょ。

でも大抵の人は「向こうで鳴った音をこちらで自分が聞いた」と思いこんでるんですね~。





●本当は目、耳と区切ることはできないんです。これら全部が自分の様子、全体です。





●この身だけが自分の様子ではありませんよ。何から何まですべてが自分の様子です。





●大雨で近所の川の堤防が切れて氾濫したら、これも自分の様子です。自分の様子だからこそ自分で直しに行くんです。





●大抵の人は、自分に入ってきたものを、あとから眺めているんです。だから満足できないんです。





●禅で避けたい心の状態を「昏沈散乱」(こんちんさんらん)と言いますが、昏沈(こんちん)の最たる状態がウツやひきこもりです。

こういう状態になると、自分の考えにばかり目を向けて、事実に目を向けていないことが多いです。




●一番小さな禅は鐘が鳴って始まり、鐘が鳴って終わります。いわゆる坐禅です。一番大きな禅は、始まりなく終わりもないですね。ずっとこれ全てです。




●坐禅をしたから痛みが消えるということはありません。痛みはあっても気持ちの上で苦しまずにおれるようになるということはあるでしょう。







●道でうずくまっている人を見かけると、「どうしたのかな」と近寄っていく力を誰しも持っているんです。

でも考え方のほうで「いや他に用があるから」とかいってそのまま通り過ぎちゃいます。

なのにずっと気がかりなんですね。

この「どうしたのかな」という気持ちのことを「正一念」と言います。




●「人にへつらう心は道に相違する」と釈尊は言っています。






●悟りを開く人は「分かった」なんてことはないので、きちっと決まるんです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ