坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of a perfectly enlightened Japanese Zen Master Roshi Kando Inoue 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される魯山貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

座禅の姿が仏の姿

座禅は無功徳とか何にもならないと聞いたことがありますが、じゃ何で座禅するのですか?

【質 問】座禅はそのままで仏だとか言う人がいたり、座禅をしても何もならないという人がいますが、それじゃ何のために修行するのですか?

【回 答】ちゃんと坐禅をすれば、人間がすっかり変わるのです。今まで体験したことのない世界です。

動画はパスワード保護されています

そういことを本当にしないでこうやっているだけで過ごしていると人間が変わるんです。そういう行なんです坐禅て。おそらく皆さん方が今まで生きてきた中で体験したことがない聞いたこともないそういう過ごし方です。これですっかり変わるんですよ人間。


動画は参禅者(坐禅会に参加した方)のみが視聴できます963cc31bc8ebe1c428ba48cf588a08f6_s















このエントリーをはてなブックマークに追加

坐禅は形を作っても坐禅にはならない 中身がないと

zensuwarikatahair_FotoSketcher座らないと分からないじゃなくて、坐るってことはこういうことやってるんです。 要するに考え方でない世界なんです。 考え方で過ごしている時間じゃないんです。 坐るっていうことは。



「形だけの座禅」

外から見た時に形だけを作って、あれで座ってると思ってるから。
そうじゃない、坐るってことの内容は本当にこうやって考え方でない今事実にこうやって生きてるってことが、座ってる時になかったら坐禅にはならない。

仰るように、坐るとあんなにいろんなことが次々出てきてっていうぐらい、本当に自分とまともに向き合ってないんだよ。ほとんど考え方を相手にして生きてるわけだから。

それは一応こうやって座って、あからさまに言わなきゃ外から見たら真面目に座ってるなって言うかもしれない。
中見たら、なあんだ こんな状況か  っていうぐらい坐禅でないような時間を過ごしてる。



「本当の坐禅」

これを本当に座ってほしいんです、だから。そういうことが、こうやって座ってるわけです。
こうやって座ってるわけ。
考え方でない。そういうことがあります。

充実感がないなんてことはないでしょう、だから。なんだろう、充実感がないと言わないんだったら、何かじゃあ、物足りないものがあるかって言ったら、そういう気が起きないでしょう。
そういうことでいいでしょう。

寒風の吹き荒ぶ中に立ってて、はあはあって、それだけでも楽しめるもんでしょう。
楽しめない人もいるかもしれないけど。
(笑)寒いなあ、やだなあって。
でも思うこととは違うんだよね、だから。

―井上貫道老師 12/21/2017大阪坐禅会の提唱DVDから
DVD制作をされている参禅者による文字起こしになります
 











このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ