坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of a perfectly enlightened Japanese Zen Master Roshi Kando Inoue 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される魯山貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

大橋太夫


このページでは松本自證老師に師事して修行してハッキリされた(=悟った)女性の体験を書いています

禅宗史を見ると悟っている女性が結構多いです

禅の語録や歴史を見ますと、悟りを開いていたり、一隻眼(いっせきげん)を備えたりしている女性が多いことが分かります。
令和の現代にもいます。
ただし、一瞥体験(いちべつ=チラッと見る)や「自分はいない」体験といった元に戻ってしまうような体験のことではありません。

そういう体験ではまだ終わらないので仏道があります。

まして、ヤーコプベーメの神秘体験やマイスター・エックハルトの体験とか、禅宗の僧侶でも「身体が木っ端微塵になった」「宇宙までふっとんだ」というような体験は悟りではないのです。


女性の参禅者にも、若い時に、万物と一体となる体験をたまたま経験したけれども、それが何なのか、どうしたら良いのか、尋ねる人もなくて、家庭生活も経験した今、情報が豊かになった現代にやっと正師(しょうし)にめぐりあえて修行を始めた人たちもいます。参禅者に意外にたくさんいらっしゃいます。

つまり仏道でないと最終ゴールが示せないのです。
方法論つまり修行方法がないと最終地点に行けないのです。


祖師と言われる方々は、以上の体験ではなくて、お釈迦様(ブッダ)と同じ体験をして、現代まで伝えられて来たのです。それが仏道です。
そして坐禅という修行方法を伝えられて来たのです。


【管理人の見解です】
本当の仏道を伝える人は極めて少数で、そういう方々は、肩書や地位が宗教界では低いものです(本人が亡くなってから後世立派な肩書が与えられることはあります)。
宗教界での出世は、世間の出世と同じで、宗教組織が決めた基準を満たしているということでそうなります。

そういうことに興味のない本物は現代も確実に存在しています。
【以上管理人の見解でした】


歴史を残す(記述する)人がどうしても僧侶(比丘びく)であり、また、参禅ということについては男性が有利な環境が続いたので、当然開悟する人は、男性で、しかも出家が多いような記述になりますが、悟っている人は女性にも多いのです。


己事究明(こじきゅうめい)に、男女や年齢や経験の有無、僧俗(出家しているかしていないか)はまったく関係がないと正師(しょうし)方が云われるとおりです。




禅の語録には、悟りの眼(まなこ)を持った婆さんが修行僧(雲水うんすい)に問答をしかけると言った場面も多く見られます。


中国の話になりますが、
『金剛経』Diamond Sutra の大量の注釈本を背負った未悟の徳山宣鑑(とくさんせんかん)和尚という方がいましたが、まだ理論屋の学僧だった時のことです。

ある山に来て、茶店で点心(てんじん)を買おうとして、婆さんに問答されたことがきっかけで龍潭祟信(りゅうたんそうしん)禅師に参じるようになりました。
 ※点心(てんじん) とは、小腹を満たす簡単な食事。心に点ずると書いているので、それがこの和尚に、婆さんが問答するきっかけとなった。
婆さんに、「金剛敎に三世心不可得とあるが、和尚さんは、過去心を以て心に点ずるのか、現在心を以て心に点ずるのか、未来心を以て心に点ずるのか、どれか」と尋ねられて、徳山は答に窮した という故事


そのお蔭で老師に出会い、宿泊しようとして、ロウソクを手渡されて思わず吹き消された途端、徳山和尚は大悟しました。



婆子焼庵(ばすしょうあん)という有名な公案もありますね。

お婆さんが、修行僧に修行が進んだかどうか娘を使って確かめる問答をしたのですが、その答えがダメだったので、「今まで何をやっていたんじゃ この僧はもう世話をするに値しない」と修行に使っていた庵を燃やしてしまった故事です。




江戸時代の日本になると、
 遊女が遊郭で悟りを開いたー悟りはいつも頓悟

の記事で紹介している大橋太夫(おおはしたゆう)もそうです。wikipediaにも「大橋太夫」として記載があります。

そのほかお察(さつ)婆さんや杉山政女や茶屋の婆さんなど歴史に残る人たちがいます。


もっと近いところでは、井上義衍老師の会下の山王タキノ大姉(義衍老師の印可証明を得られています)や松本うた女史などです。


幸い現代は、女性も対等に参禅することができるような時代になりました。



子供の居る部屋で坐禅をして自己を忘じた女性


代々木の指導者・松本自證師

井上貫道老師のお弟子に東京渋谷区に松本自證師という方がおられます。
僧侶ではない一般人として老師に参禅し、摂心、坐禅会に通って、大悟徹底された方です。
それをきっかけに在家得度されています。

修行中は、毎週、関東から静岡県まで坐禅会に通われたそうです。
それと年に何回かの摂心に決まって参加されたようです。

子育て中だけれども、突き動かされてともかく坐禅をした

その代々木の松本自證師(井上貫道老師弟子)の指導を受けて、zazenzafukakudai
自分の子供達が居ても、その部屋で目を開いて坐禅をして、ついに自己を忘じた女性がいます。

修行は極めて短期間です。


その体験の詳細は、
https://www.muishinso.com/blank-20
に参禅記として書いてあります。


同じく、松本自證師の指導で、
3年で自己を忘じて決着がついた(悟った)千葉県在住の妻子ありの多忙なサラリーマン男性のことば を読む

介護で大変だった女性が法話と坐禅で激変ー修行僧以上の境涯となり、さらに大悟した実例 を読む







naikanbeya_FotoSketcher



 ⇒ 坐禅3日で自分がなくなった巨漢の青年:会社の研修でお寺に来て、摂心突入したが、脚が痛くて坐禅にならなかったのが… を読む

20年も松本自證師神戸坐禅会ー三宮と新開地にて

zazenshisenwitheyesopenshalftone2020年にも神戸にて松本自證師の坐禅会があります。コロナの影響で予定は未定になっています。

一日のかなりを坐禅します。
経行(きんひん)+抽解の時間もわずか10分にされています。



詳細は、松本自證師関西禅会ホームページ をご覧ください。



松本自證師代々木禅会とネット禅会はこちら

松本自證師の代々木坐禅会詳細についてはこちら 現地に行けない方はネットからの参加が可能です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

遊女が悟りを開く―悟りに、善業・悪業は関係なくて、頓悟


坐禅は必ず目を開いて行ないます


律女は、旗本の家に生まれるが、事情にて京都島原の遊女となる


1278681江戸時代のことです。

1千石の旗本の家に生まれた律女は、父がさる事情で浪人ろうにんとなり一家が京都に移住して落魄(らくはく=零落)しました。


やがて律は売られて、京都の島原の遊女となって、大橋と名乗りました。

※浪人とは、仕つかえる主君がなくなった武士 よって禄(ろく=サラリー)がない

心に煩悶の生じる日々

美貌であり、才芸もあったからたちまち売れっ子になったものの、心中うつうつとして楽しまない日々が続きました。


太夫(たゆう)となった今は、余裕も出てきていたのですが、親のためとは言え、遊女に身を落としてしまった自分の人生は一体何だのだったのだろうかと苦悶の日々を過ごすようになりました。

「人生は何なのか? 一体人は何のために生きているのか?」そのように思う日々でした。


※遊女が自分の稼いだお金で遊郭を出られないように、借金には高利子がついていた 抜け出せる方法は、唯一、富豪のお客に気に入られて、妾(めかけ)としてまたは稀に妻として身請けされることだった


不思議な訪問者

ところが、心に強い思いがあると人生には転機がやって来るものです。787b1aea9e866b1655db305d404abb46_s


ある時、不思議な人が訪問して来ました。

遊郭の客というより、お店に取引にやって来た商人のようでしたが、律を認めると、このように話をしてきました。

「あなたの心には解決しなければならない疑問があるようだが、実はその解決策が一つだけある。」


律「そのようなことがあるならば、是非とも聞かせていただきとうございます。」


客人「分かり申した。では、今から話することを誰にも話さず、必ず密かに実行するように。 

何をしていようが気を抜かず、本気で努め励むならば、必ずやある時、霧が晴れるがごとく、疑問が氷解し、小躍りして喜ぶ日が来るであろう。」

と言って、その客人は、目を開いてする坐禅の仕方、日常での工夫(功夫)の仕方を伝えました。


大橋、目を開いて坐禅を開始、そして遊女が大悟ー禅は頓悟

大橋は、それ以来、時間があれば、目は必ず開いて坐禅に励み、日常では、間断なくその工夫を念々相続しました。


坐禅功夫が純熟して来たある日、一日に20か所にも落ちるような激しい落雷がありました。

生来、雷の怖い大橋は、蚊帳を吊り夜具を被っていましたが、気を取り直して、坐禅工夫を続けました。


雷鳴で大悟

すると目の前の庭に落雷し、大悟しました。


自分の本当の姿を知った大橋は、それ以来、住むところが遊郭であっても以前とは全く違った心境で過ごすことができるようになりました。


大橋身請けされて、結婚

運命は不思議です。

大橋を身請けしたい旦那が現れ、そしてその人と結婚をすることになりました。

その頃から、律は、駿州・原(現在の静岡県沼津市)の白隠禅師はくいんぜんじの名声を聞き、悟りを確認してもらいに行きました。


白隠禅師、白隠慧鶴はくいんえかく は、臨済宗を復興させたとされる江戸時代の名僧。静岡県沼津の原の松蔭寺に住した。
法階を上げることを好まず、一生黒衣をまとって紫衣や赤い衣は着なかった。

そのため、本山の妙心寺で法話をする時も、法階が和尚としては最下位だったため一番下座にて説法をした。
現在は、臨済宗は白隠禅師に繋がる法系しか残っていないため、すべての和尚は白隠禅師の法孫である。

現代の師家(しけ)は白隠禅師に倣(なら)って、一番下座にて提唱を行う。そのため、上から下座に向かうのではなくて、本尊様の方向に向かって下座にて提唱をする

それ以来、禅師に参禅をするようになったそうです。

やがて、その夫が亡くなりました。
しかし、また律のことを気に入る男性が出現して、その人と再婚。

今度は夫は求道者であったので、ともに白隠禅師に参禅しました。


元・遊女は観世音菩薩の化身

幸せな夫婦生活と参禅の日々を過ごしたようです。のちに、律は夫の許可を得て、出家しました。
やがて、律が亡くなりました。

白隠禅師の上足(じょうそく=高弟)である、東嶺禅師(とうれいぜんじ)が、お参りにやって来ました。


仏壇を見ると、律の位牌はなく、ただ観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)の像が祀られているだけでした。

東嶺禅師が不思議に思って夫に尋ねると、
「妻は、観音菩薩の化身だったのです。なので、これが妻です」
と言ったそうです。

-------------

素晴らしい旦那様ですね。









このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ