坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of a perfectly enlightened Japanese Zen Master Roshi Kando Inoue 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される魯山貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

坐禅の仕方・座禅の方法

自宅自粛中 特別音声ーしみPさん
このサイトに初めて来た人用

しみPさんのプロフィールはこちら 多忙なサラリーマンをしながら3年間坐禅に打ち込み見性(けんしょう)された人

roshissaysamethingforyears
shimipmatome

苦しみはどうしたら良いか 悩みを…


聞き流し用動画(映像なし)
[ 前半 ] (坐禅とは関係のない話) 苦しみを見つめましょうとか苦しみと親しくしましょうと説く人は、本当の苦しみを知らない人 それは止めた方が良い 苦しみの原因は悩みなのでそちらを対処しようというのが私の立場

正しい坐禅の仕方を考えている人が多い


[ 後半:開始40分頃から ]
「いろいろ考えて、”正しい坐り方はこうなんだ” という結論を出して坐るのは坐禅でもなんでもないですよ
坐禅は考えてどうこうするということではないです」

「老師への質問の仕方 質問してもしようがない事と質問すべき事」



妻子ありの多忙な50代サラリーマン・しみPさんのウェブサイト

 https://www.the-road-of-zen.com/
    
    https://www.the-road-of-zen.com/profile-2 (プロフィール)




妻子あり50代サラリーマンしみPさんの質問箱(Q&A集)



このエントリーをはてなブックマークに追加

【坐禅会開催の最新情報】※成願寺坐禅会の参加方法(予約制・昼食持参・終了時間)が変更されているのでご注意下さい 成願寺坐禅会の予約はこちらのページから主催者へ  神田は、神田坐禅会専用ページ: http://yotaro12.livedoor.blog/ に最新情報があります

坐禅中に思い・想念が出て来ても… [重要]

zazenfacingwallatzazensho
出てきたって言って取り扱うから、そのことが厄介になっているだけであって、出てきたことが問題じゃないんですよ。

ああまた出てきたっていう取り扱いをすることが、自分で嫌なんです。
出てくる方はただその時にそういうことがあるだけ。
「また出てきた」って風にはならない。

ただポッと出てくるだけです。


ポッと出てくると、あ、また出てきた、まだ忘れられない、まだ離れられないって言って、そういう風にして出てきたことに対して、違った自分の見方でとらえて、作り替えてるでしょう。

出てきたものにそんなものついてないじゃない。

また出てきたとか、まだやまらないとか。
何回出てくるんだ、しつこいなとか、一切ないんですよ。

ただ出てくるだけなんですよ。

だからその思うことが問題なんです。出てきたことに対して、そうやって。

だけど思いをやめてみると、ただそういう風にポツッと出てきただけで終わるってことがよく分かるから、なんだあって。そうすると楽になるじゃん。

楽になると大体そんなことはね、しょっちゅう思い出さなくなるよ。

―井上貫道老師 12/21/2017大阪坐禅会の提唱DVDから
DVD制作をされている参禅者による文字起こしになります



関連記事の坐禅中の想念について を読む


井上貫道坐禅の仕方ダウンロードする
無料です↑ 編集者からのご厚意で提供されている 『井上貫道老師提唱:真実・悟り・禅修行とは』から作成された抄本です
 












このエントリーをはてなブックマークに追加

老師が提唱しているのではなくて、自分が提唱をしていたーー初心のサラリーマン参禅者の体験


2016年10月19日 の投稿の復刻
井上貫道老師のある坐禅会が終わって、会場片付けの時に、何人かの人が老師の周りに集まってきました。

その中の一人Wさんが言われました。

「実は、このところ坐禅をする時間がなくて、今日はガッツリ坐禅ができました。
[ この坐禅会では当時提唱が差定(さじょう=スケジュール)の最後で、その前に4炷(40分×4回)ほど、参加者は坐禅をしていましhた ]

roshiteisho_FotoSketcherpen1hosonaga
今日ですね、


老師が提唱しておられる時、


あれー、自分が提唱しているわー   ってなったんですよ。


……なんぞれかんぞれ(=なんだかんだ)……



それから、老師が言われた人の話を聞いていないというお話、
わたしも、自分の子供の話を聞いていないということ、ズンと響きましたわー」

*************

井上貫道老師の提唱中に、提唱しているのが貫道老師ではなくて、自分が提唱している
ことに気づかれた体験でした。


Wさんは一般のお勤めの方です。
井上貫道老師に参禅始めて多分一年くらいでの出来事です。1年経っていないかもしれません。

「ちょっと気をつけて坐禅している人は、気づきが来ますね。 一旦気づきがあるとガタガタッと変わって行きますね。」―― 井上貫道老師


 「長年坐禅している人ほど、居眠りしちゃっていますね」 ―― 井上貫道老師 



「いろいろ考えて、”正しい坐り方はこうなんだ” という結論を出して坐るのは坐禅でもなんでもないですよ

坐禅は考えてどうこうするということではないです」 ―― しみPさん しみPさんのプロフィール(重要)は左記リンクの下部にあります


接心に一度も行かずに見性したサラリーマン「しみP」さんのプロフィール
1969年生 北海道出身、現在千葉県在住の妻子ありサラリーマン。
スピリチュアルの世界で20数年以上遍歴して、ついに禅に出会う。
井上哲玄老師のyoutube動画を経て、井上貫道老師、長井自然老師に会い、井上貫道老師の弟子で、悟られている松本自證老師にのみ参禅を続ける
修行開始のわずか3年後の2019年8月に悟り(決着し)て、松本自證老師に認められる
 松本自證老師とは⇒ http://zazenkyoto.blog.jp/archives/29143767.html

多忙なサラリーマン生活の傍ら、独参を繰り返し、「正しく」坐禅することに専念して、坐禅会に通うものの一度も接心に行くことなく悟られた人
接心に参加されたことがないわけで、正しく坐れるようになることがどれだけ大切なのかを立証されている
その後、会社員を続けながら、産業カウンセラーの資格取得


【問】「自分がない」と意識していると坐禅がしやすくなったのですが

昔の管理人が長井自然老師と一緒の時
管理人:
「老師、『自分がない』というお話を聞いてから、そのつもりで坐禅すると坐りやすくなりました」

自然老師:「そういう考えを持って坐るんじゃないんです」(=それ、全然坐禅になっていませんよ と暗に言われています)


◇    ◆    ◇    ◆    ◇    ◆    ◇    

世間のことと違い、坐禅に初心者とかベテランとか、全く無いことがよく分かります。坐禅は積み重ねて上達するものではありません。

他の坐禅らしきことや瞑想をやった経験のある人はそこが最初に苦労します。

従いまして、
老師に質問や独参をしてちゃんと自分の坐禅をチェックしてもらわないと、いくら提唱を聞いても我流となり、やっていることが坐禅ではないので、坐禅時間中に居眠りをするようになります。

おまけに老師の提唱中にも居眠りをする(眠くして仕方がない)ようになります。こうなると修行が全く進まないということです。


上の方、サラリーマンではなくて自営業者さんかもしれません

上記体験者の言葉で、子供の話を聴いていないという話というのは、

老師:
「親って、子供の話を聞きませんね。
子供の話を聞いたら、その話で出たものを買ってあげないといけないもんだと思いこんでいるものだから、
最初から、子供の話を聞かない。

子供の話を聞く ということと 子供の話で欲しがっているものを買ってあげないといけない ということは別なんですよ。

話を聞いても、買うこともあるし、買わないかもしれない。


子供だって、ちゃんと親の経済状況を分かっているから、
話を聞いてもらったら、あとは、我慢することだってできるんですよ。

それくらい子供は賢いですよ。」



と井上貫道老師がその日の提唱と質疑の時間に話されたことからです。

 坐禅ほんとうの初心者が座禅3日目に小鳥の声で気づく




上のボタンをクリックすると井上貫道老師参禅者の体験談がすべて最初から読めます。

 悟り(見性):もう元には戻らない―井上貫道老師 を読む


【投稿後記】
ここに記載した・これから掲載する参禅者体験は、1年を経過しているものを選んで投稿しています。
投稿者(=ブログ管理人)は、インタビュアーやレポーターではありませんので、その後、その人がどのように修行されているかは存じ上げておりませんし、その後の修行をインタビューはしていません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スリランカヨガ瞑想の講師にZOOMで日本の松本自證師が登場して悟りを語る


スリランカの講師をされる予定は次回は未定です
srilankayogamatsumoto

主催は、Astanka Yoga Mandir Sri Lanka スリランカのヨガセンター
("Astanka Yoga は Ashtanga yoga のミススペリングではありません スリランカの言葉では、astanka となるようです ちなみに、「アシュタンガ」のサンスクリットに近い表示は astanga ともなります)

講師は東京都在住の松本自證師
 松本自證師は井上貫道老師に見性(悟り)を認められた方です 
 松本自證師について詳しく知りたい方はこちら

通訳は、松本自證師の参禅者でもあるチェイスまどかさん

まどかさんは、松本自證師の参禅者であり、英語がどちらかというと母国語なので、大変よく伝えられていました。


同時にYouTubeライブとして放映されていたようで、その録画もすでにアップされています。


松本自證老師は、次のように言われています:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・悟りも修行も、難しいことではない。

・悟りを開いた人が少ないのは、単に、「悟り・真実・正しい坐り方(真の修行法)とは何か」が世間一般に知られていないからだけである。

・正しく坐ることができれば、どんな人でも必ず悟る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
youtube_srilankayogamatsumoto
となりますので、赤い丸印をクリックして下さい。

ただし、最初の12分30秒は音楽のみです:

または、

実質1時間半以上有ったのですが、録画は最初の30分ほどで終わらせられています。


【内 容】 紹介、松本自證師のトーク、坐禅、質疑応答(質問者はチャットに書き込み)、エンディング

◯ 自分(松本自證師)の修行の経緯
◯ 自分の悟りの時に起こったこと
◯ お釈迦様の悟りの内容
◯ 悟りの内容
◯ 悟るにはどうしたら良いか―正しい坐禅をすればよい
◯ 事実とは
◯ 坐禅が正しくできるとは
◯ 修行のポイント


上記動画には、27日(日) 22時-23時45分 JST で話された内容はすべて収められていません。
聴講希望者は次回に聞いてくださいとのことでした。
(21年2月9日記:現在のところ、この団体で松本自證師が講師を務められる予定はまだないそうです)
その予定はあらためてお知らせいたしますが、
ZOOMに入りきれない場合は、You Tubeのライブでも聴講できます。

松本自證師の英語での禅会は、
 https://www.simplyzen.online/
近い予定は、21年2月21日の18時


matsumotonetzenkaifutoji
 (口宣(くせん)・提唱・質疑・独参・坐禅40分×7炷(ちゅう))
ネット禅会には自宅に居ながら、金曜の夜または土日の長時間坐禅会に参加が可能です。詳しくは青いボタンをクリック。

 松本自證師について詳しく知りたい方はこちら
 松本自證師の英文ホームページ(サイト)

 松本自證師の日本語ホームページ(サイト) (坐禅7炷・提唱・独参があるオンライン坐禅会も定期的に開催されています)

 まどかさんの坐禅・ヨガのサイト紹介記事
 まどかさんの暁禅堂のウェブサイト
 まどかさんのプロフィール

Ashtanga yoga (Sanskrit: aṣṭāṅgayoga[1], "the eight limbs of yoga") is Patanjali's classification of classical yoga, as set out in his Yoga Sutras. He defined the eight limbs as yama (abstinences), niyama (observances), asana (postures), pranayama (breathing), pratyahara (withdrawal), dharana (concentration), dhyana (meditation) and samadhi (absorption).

About ASTANKA YOGA MANDIR

ASTANKA YOGA MANDIR (AYM) is a center for yogic knowledge in Colombo, Sri Lanka, which provides resources and facilities to learn and practice the yogic knowledge of the great Eastern traditions.

AYM is  working closely with Swami Vivekananda Yoga Anusanantha samsathana Bangalore(A world class university for yoga www.svyasa.org) to conduct yoga programmes in Sri Lanka.

ASTANKA YOGA means EIGHT fold paths to gain wisdom to improve the quality of life and spiritual knowledge.
 
Sri Lanka is a land of Siddhars (Enlighten souls), Monks and spiritual masters - a country which practices Buddhism, Hinduism, Christianity, and Islam
AND BLESSINGS of ASTANKA YOGA MANDIR(AYM) starts from the 19th century and is blessed by India’s modern time   great spiritual master H.H.Swami Sivavnada Maharaj(Founder - Divine Life Society ).



このエントリーをはてなブックマークに追加

坐禅がうまく行かない本当の理由ー魯山貫道老師著書から

2104-05schedule
 井上貫道老師の健康寺子屋(四谷・笹寺)の坐禅会は4月中止です

韓国でワクチン接種後に2人死亡
 日本でワクチン接種の60代女性死亡=新型コロナ、因果関係は不明―厚労省
 日本赤十字が、ワクチン接種者は献血を禁止することを発表
(日本赤十字社のサイトに「新型コロナウイルスのワクチンを接種された方は、当面の間、献血をご遠慮いただいています」と書いてあります つまり安全ではないということです)


これが理由―①わざわざ回り道をしている ②坐禅中の思い・考えを相手にしている

①わざわざ回り道をしている

老師は、ここでは説明をされていませんが、
「自分には悟る資格がまだないので、善行に励もう、徳を積もう」
「慈悲深い人・優しいでないと悟れない」
などと考えて、自分で結果を先延ばしをするとかがあります
哲玄老師や貫道老師は、悟る前は、お二人ともどちらかと言えば、短気な怒りっぽい性格だったと本人たちが言われています

悟りを開いた方々が、異口同音に「誰でも悟れますよ」と言われるのに、「とてもとても自分のようなものには、悟りなんて無理です」と言って、それを信じられないのは、仏道的に言うと、謙遜に見えて、実は高慢、増上慢の変形と言われます。 つまり、卑下するのも高慢の一種で卑下慢と呼ばれています そもそも、存在しない「自分」という固定的なものを勝手に立てているからです

「戒律を厳守しないと悟れない」と、勝手に信じ込むのもわざわざ回り道をしている例です
もしくは、それを逃げ口上に使って、「戒律が戒律が」と言って、少しも本当の仏道に励もうとしないのです


回り道のもう一つには、

「只管打坐は難しいので、まずは、数息観などから始めよう」
などと自分勝手に修行に段階を設けて、結局、数息観もはかどらずに、長年が経過してしまい(年もとり)、やがて、修行の真剣さが失われてしまう
などがあると思います 


「ヨガをやって、身体を浄化して、悟りやすい身体にしてから修行に励もう」
「悟るためには、クンダリニーを目覚めさせないといけない」
等というのも、回り道と言いますか、体の良い「逃げ道」ですね
(ヨガしか知らない人はしようがないですが、正法に出会った人が、わざわざ今からそういうところに時間をかけるのは、逃げているのだと思います 老師の話をちゃんと聞いていないのかもしれません)

 [ 以上の部分の文責は管理人にあります ]
 
 「スリランカ仏教の言う悟りの4段階は間違いである」という記事を読む

②坐禅中の雑念・思い考えを相手にしている

修行してもなかなか悟りにたどり着けない理由②―坐禅中の雑念の処理を知らないから
坐禅中の雑念・思い考えの対処方法
[註] 老師は、雑念という用語を一切使われませんが、ここでは、参禅されていない方を対象に、わざと「雑念」という文字をタイトルに使用しています。

ちなみに、道元禅師の『普勧坐禅儀』にある雑念つまり、思い・考えは、大きさで3つに分類されていて、
それは、念・想・観の3種です。
普勧坐禅儀の本文には、「念・想・観の測量(しきりょう)を止(や)めて、作仏と図ること莫かれ」とあります。



『真実とは悟りとは修行とは禅とは』のamazonに載せられた抜粋↓

井上貫道老師:
「では坐っているときにどうやって過ごすか。

坐る時のあり方として、

問題になるのは思量分別、色々なことが思えるというか、出てくるというか、

あるいはこちらから(意図的に)考えるということがあります。

…坐禅中はそういうものを、とにかく相手にしない。

出てくる思いに対して、自分の見解で識別しない。

いわゆる善し悪しを図らない。

これは良いこと、これは悪いこと、これは正しい、これは間違っているというようなことをやらない、

ということです。 

もう少し具体的に話をすれば、坐っていて色々なことが出てきたときに、4b0fc9cb5ac42a45611d7347609a1d88_s
人間と言うものは、気に掛かることが結構あるものです。

ですから通常は、その気になっていることを解決しようと思って、
自分の頭の中で色々なことを始めます。

これをとにかくやらないことですね。
だからどのようなことが出てきても、
思い出したものや考えたことで気にかかることがあっても、
それを相手にどうこうする、手を付けて過ごすということをしない。

また、その出てくるものに対して出ないようにするようなことも一切しません。

こちらから造作をして、作り変えるようなことは一切しないで坐るのですね。

それが坐禅をする時の工夫と言われる修行のあり方です。」

―以上は、アマゾンの下記著書からの引用


「言うとおりやってみようか・・・」なんて遠慮がちにやるからスカッと行かないんだね、半分ぐらいの人は。―井上貫道老師




【著書第二弾】 
100kandoroshiteishoroku
上記内容は下記の著書でご確認下さい。

『井上貫道老師提唱録amazon kindle版』
のご注文はこちらから

製本版はこちらから(新しいサイトが立ち上がります)











関連記事の坐禅中の想念について を読む


井上貫道坐禅の仕方ダウンロードする
無料です↑ 編集者からのご厚意で提供されている 『井上貫道老師提唱:真実・悟り・禅修行とは』から作成された抄本です



ちょっと待ってください。このままブログを閉じずに、↓↓
スリランカ仏教の言う悟りの4段階は間違いである

瞑想中・座禅中に眠くなる原因ー僧侶やベテラン一般人はなぜ坐禅中に眠るのか

坐禅中・瞑想中に眠くならない方法

現代の日本に夜中も眠らず坐禅できる人たちがいる

座禅・瞑想中の眠気の原因【続き】―室温や服装に注意


座禅や瞑想・スポーツでの眠気対策に仮眠が良い
もご覧ください。


閑話休題 








このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ