坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of a perfectly enlightened Japanese Zen Master Roshi Kando Inoue 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される魯山貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

井上義衍老師語録


欧米には沢山の禅センターがありますが

zenineurope_FotoSketcherpencil3最近、日本の本山にもヨーロッパの方(ほう)から、「とにかく今こちらには指導者がいないんだ」という声が届くそうですよとある老師が言われたことがありました。

ヨーロッパには、1970年代に最初の禅道場が設立されて以来、曹洞宗だけでも現在300もの禅道場があるようです。

当時は渡欧した日本人和尚のフランスを中心とする精力的活動もあったのですが、寄付文化の根付いたところだから禅道場が短期間にたくさん開単されていますが、肝心の真の指導者がいなかったのですね。

※この方(1981に他界)は、座相が良いので選ばれたとのことです。それに眉も太くて達磨大師のような容貌で体躯も良く、外人受けが良かったのです。
さらに、海外での社会人経験が豊富で、政府を動かすようなこともされたことがあり、優れたリーダーシップがありました。
なので、ヨーロッパに沢山の禅センターができた、できてしまったのです。
(リーダーシップ大切ですね、誰かさん=どこかの国のPMさん、見習って!)


原田雪渓老師(1926-)は晩年ドイツを中心として指導に行かれていましたが(1982-1992に7回)、「火を消すために行く」と仰っていたようです。

あやまって火をつけた人(上記の人)がいたので、それを消さないといけないという意味です。


米国にも極めて多くの道場があります。

立派な禅堂(禅センター)があり、皆さん僧衣をお召しになっている。
座相も日本の坐禅会よりずっといい。
外見は素晴らしい。
経典や祖録も主要なものは翻訳されている。

米国も欧州と同じで、容れ物はたくさんあっても中身が…という状況のようです。


ある米国の禅道場のサイトを覗いてみると、
臨済宗の禅センターではないのですが、
(曹洞宗でも祖録を読むと、公案はたくさん出て来ます)

「なぞなぞ(riddles)を解く練習をすると禅修行に役立つ」

と書いてありました。。。指導者がそう書いていました。
なぞなぞをたくさん解いて公案が分かるようになるとでも言いたいのでしょうか?

オーマイブッダ!


写真や動画から分かるのですが、ほとんどの参禅者が僧衣を着け、お袈裟を掛けています。
いわゆる日本のように在家の姿で坐禅している人が見当たらないのです。

でも、ほとんど全員が目を閉じて坐禅しています。95%以上と言って良いくらいです。それくらい誰も目を開けて坐禅していないです。

ヨーロッパにしても米国にしても曹洞宗も臨済宗もです。


修行方法(坐禅の仕方)がまったく伝わっていないということですね。

道元禅師が中国から帰国後すぐに書かれた『普勧坐禅儀』Fukanzazengi という坐禅の指南書があります。それには英訳、仏訳、独訳など揃っていても書いてあることが実践に反映されていないようです。
(普勧坐禅儀には、冒頭に「目は 常に 須らく 開くべし」 Your eyes should always remain open. と書いてあります)


ひょっとしたら目を開けたくても開けなくなっているのかもしれませんね。

坐禅は無念無想ではないのに、ちゃんと教えられていなくて、無念無想になろうと努力していると、やがて坐禅中に目さえ開けなくなるようです。
そしてやがて眠るようになります。

あるいは、しなくてよいのにも拘わらず、思いをコントロールしようとすることで、頭痛や頭・額の締め付け感・圧迫感に悩まされるようになります。


欧米には未だに正しい坐禅の方法は伝わっていないのです。
悟った人だけが正しく坐禅を伝えることができます。

教わる人は、ちゃんと悟りを開いた指導者に自分の坐禅をチェックしてもらう必要があります。
そうでないと、せっかくの指導者の教えを自分流に解釈して、坐禅にならない坐禅をしてしまいます。そのうち飽きが来てしまいます。

沢木興道、弟子丸泰仙、安泰寺

悟りは一つ―井上義衍老師:悟りの真相

500年に一度と言われる悟りの体現者・井上義衍老師

s-dogenzenji
(写真は13世紀の道元禅師)


【質 問】 坐禅によって自己の問題を本当に解決された方は、これまで実際に居られたのですか。

井上玄魯義衍老師(げんろぎえんろうし)
先ず第一に、私が居ります。

釈尊や道元禅師など祖師方もそうでしたが、私自身それをやりました。
やれたんです。

私のもとにも何人かいます。決して独りよがりではない。

釈尊から連綿として受け継がれて、現在に至っておるんです。

『問答 井上義衍老師 悟りの真相』(龍泉寺発行)より
井上義衍老師(1894-1981)


お釈迦様(ブッダ)と同じ悟りを開いた正師(しょうし)

義衍老師:正師というのは、本当に自己の真相に徹しきった人で、そういうことがはっきりしている人でなかったら、最終的にどこへ連れて行ったら良いのか、結論としてどうあったら良いのかということが絶対にわからんのですわ。

そうでしょう、教えられて、それらしいことをやっても、それらしく立派にできるようになったとしても、やれるのはやれるんじゃが、これで本当に良いのかとなる。

 昔の人にもありますように、提唱させても、それを取り扱わせても、自由に取り扱うのだけれども、どうもどこか満足の行かん、どうして満足が行かんのかという人がいます。

そういうような人が出てきたら、皆をどこへ連れて行って、どうしたら決着がつくのかということがわからんでしょう。それじゃ救いにはならんのでしょう、本当はね。そういうところに、どうしても正師を求めなければならん理由があるのです。

 それがないと、途中で妥協するんです。そうでしょう、このように十人が十人寄ってそのことを互いにこうやって、ある程度まで来ても、もう不自由なく、人が見ても自分が見ても法のごとくやれて、そして淡々としておるようだが、ただどこか疑いの拭いきれないものが兎の毛ほどでもあると、それだけ違ってくる。


 そういったところで、「ナニどうせ人間だもの、こんなものじゃないか」というて妥協する。
もうそうなったら、今度は次の人をこしらえる時分に、「人間の修行いうものは、悟ったというても、大体ここら以外には手が付けられんのが本当じゃないかなぁ」というて、不安の内に終わる道なんです。
決定的に、「こうじゃっ」と言い切れないのです。そういう哀れさがあるから、それをしっかり救わにゃならんということですね。


 悟りの体現者・井上貫道老師が北米オリンピア禅会でZOOM提唱


このエントリーをはてなブックマークに追加


教えの通りなろうしても、そうなれない訳


【質 問】 教えの通りになろうと努力しているのですが、なかなかそうなれません。いったいどうしたらよいでしょうか。
教えの通りに


【答】それですわ、それだからそういう風に教えの通りになろう、なろうと思うて自分で力を費すからです。

そこなんですわ、なりたかったら、なろうという事を止めなさい。


そう言ったって自分でなりたいのを、なろうという事を止めたら、なれんじやないか言いたいところですね。


ところがそうじやないでしよう。

「ポン」 (掌を打って) こうやったら、そういう事があるのでしよう。

それは思いじやないでしよう。


片一方は、思い方でなりたいと思っているのでしよう。

ところがやっている事は、やれているんでしよう。いらん事でしよう。

やれているものを、殊更に思うて叉やろうとするから、

それで出来んのですよ。
―井上義衍老師




ちょっと待ってください。このままブログを閉じずに、↓↓

瞑想中・座禅中に眠くなる原因ー僧侶やベテラン一般人はなぜ坐禅中に眠るのか

坐禅中・瞑想中に眠くならない方法

現代の日本に夜中も眠らず坐禅できる人たちがいる

座禅・瞑想中の眠気の原因【続き】―室温や服装に注意


座禅や瞑想・スポーツでの眠気対策に仮眠が良い
もご覧ください。





このエントリーをはてなブックマークに追加

座禅の重要点


◯ 坐禅は五感を開放する  気に入ろうと気に食わなかろうと聞こえる 見ようと思わないのに見える

◯ 思いは取り上げない(相手にしない 考えない 思いが自然に起こるのは構わない)

◯ 空になろうとしない、悟ろうと思わない


坐禅は、五感に任せきること

▷静かにして六感に任せてごらんなさい。
心の方は災いし易いからこれを別として、後の五感そのものヽ働きをみて御覧なさい。

五感全体は環境と共にいやおう無しに、如何しても環境の動く通りに、知らぬうちに、一緒になって動くように出来ている。

初めから人を離れておるんです。

本当に自分自身の真相は、今その様にうまく出来上っておる。
―井上義衍『牛頭法融禅師心銘』p.41


空になろうとするのは違う

▷空にならにゃならんと思うて、心経などに空、空とあるもんじゃから、本当に空でなきゃあならんと思うて、なることを一生懸命工大しようとする。そういうことをする為にかえって出来ないのです。

じゃからなろうとすることを止めると、本当に空そのものに根本的に徹するという事が有り得るのです。
―井上義衍『牛頭法融禅師心銘』p.67



自分の好き嫌いなく聞こえるし、見える、それが真相

▷皆さん、一切を手放して素裸になって、自分の全体を正直に放り出して六感に任せ切ってごらんなさい。
「森羅一相」とあるでしょう。日常の生活がその通り内外なき一合相です。


耳で云えば、声が聞こえるのに、気に入った声、気に入らぬ声、そんな事に関係ないのです。

矢張り「森羅一相」です。

人間的には気に入る、いらんと云うけれど、耳そのものは一相です。ちゃんとしているのです。

初めから人と物との関係は何時でも何処でも矛盾せん様に出来ているのです。

―『牛頭法融禅師心銘』p.44





このエントリーをはてなブックマークに追加


障害となっている業(カルマ)がすべて解消されてから、悟れるのではないでしょうか?


【回 答】  by 井上義衍老師

本当に
(パン=両手を叩く)

(パン=両手を叩く)

今の自分のこれが真相を示してるんですね。

そういうことでやっていただければいいんです。


一切の衆生[しゅじょう]、その仏法の上から行きますと、種々雑多な業によってお互いが出来てるんですから、その「その業道依正ひとつにあらす」みんな違うんです。


「その見[けん=見解・思い・考え方]まちまちなり」とあります。


確かに人間の見解の上から行きますというと、全部一人一人みな違ってるというていいんです。


それ程違っておるんですけれども、その内容を見ますというと、それなりに、それ又(また)、見(けん)を起こすから、どんな業報を備えていてもいいんですよ、

人間的な業報業報いうて、悪業だの善業だの問題にしとるから、その問題にしておるものをちゃんと整理しておいてからでなけりゃあいかんと思うから、その整理ができんのですわ、考え方じゃあ。


それを考え方を止めるといきなり(パン)整理がすぐつくんです。
整理のつく道がそういう所にある、鍵が。

踏み込むのにそういうところから踏み込むと、ああそうか、こういう方向かということが分かるんです。

d20e9daeb6857e45795dfa19574b1c10_s

そういうつもりでやってもらいますというと、業報がどうあろうともこうあろうとも、頓着ないんです。



その業がどうあろうが、こうあろうがみなさん頓着なさらずに、今の自分にあるものでいきゃあいいんです、それを取り替えようなんて思うからです。

理想いうのは変なもので、何か今の自分をつまらん思うと、それを捨てて立派そうなものを持ってこようとする。みんなそういう修行の態度をとるから役にたたん。


そうじゃなくて、業報のまんまを自分の手をつけさえしなければいいんです。


自分の手をつけると、どんなに修行してみても、やっぱり業報の世界なんです。それがはっきりせんのです。
そこのところよーく見てもらえばいいです。


―井上義衍老師『正法眼蔵げんぞう 仏性ぶっしょう』から



「今まで誰一人として、生まれ変わって来ている人はいません」
―井上貫道老師


次の記事は、遊女が遊郭で悟りを開いたー悪い業があっても修行には関係ない例


坐禅は必ず目を開いて行ないます。 目を閉じていては、何十年坐禅やろうが徒労です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

禅ーもう迷うことはない

悟りの体現者・松本自證老師が禅を知るきっかけとなった本



※井上義衍老師『禅ーもう迷うことはない』  は、もう古書でしか手に入りませんが、これは、龍泉寺発行の『問答:井上義衍老師悟りの真相』と同じものです(『もう迷うことはない』の方が少し簡略化されています)。 
『井上義衍老師問答集』の入手先は、こちら⇒ 19、問答 井上義衍老師 悟りの真相



松本自證老師のことば

松本自證老師は、次のように断言する。

・悟りも修行も、難しいことではない。

・悟りを開いた人が少ないのは、単に、「悟り・真実・正しい坐り方(真の修行法)とは何か」が世間一般に知られていないからだけである。

・正しく坐ることができれば、どんな人でも必ず悟る。


松本氏からのメッセージ:「正しい坐り方がすぐに実践できるようになること」を大事にお伝えしています。あとは自分で実践するのみです。実践すればいずれ明確であったことが明確になります



松本自證老師のプロフィール

松本自證師について
1961年、神奈川県生まれ。本当のことが知りたい、死んだらどうなるのか、と思い始め、探求が始まる。
思索や瞑想など様々なことを行い、様々な体験もするが、得心できず過ごす。
そんな時、書店で偶然に、井上義衍老師の書籍井上義衍老師『禅ーもう迷うことはない』を見つけ、その場で立ち読みし、これで探求が終わると分り、本にあった情報を元に、浜松市龍泉寺を訪ね、禅の指導を受け始める。
ほどなく、掛川市少林寺、井上貫道老師を師とし、坐れるようになるまで質疑を限りなく繰り返し、坐れるようになり、時を見つけてはただ坐ることを行う。
ある深夜、音にて既に明確であったことが明確になる。 (無為真相の公式サイトより)



会計事務所勤務、経営コンサルティング(サラリーマン時代)などを経て独立し、現在はコーチングや若者就労支援を行う傍ら、東京、大阪、神戸、京都など各地の坐禅会で指導を行う。
現代の言葉や文脈で、わかりやすく直接的な表現と明確な言語を用い、参禅者を概念に陥らせないように効果的に指導する。
僧侶ではなく、仕事や家庭を持つ中で修行し、悟りを開いた経歴から、現代の生活に則した修行方法を伝えている。​​


お釈迦様と同じ体験をされた方は、井上貫道老師(静岡県)や松本自證老師(東京)などに引き嗣がれ、真の仏道・仏教が現在にも伝わっています。

このサイトでは、それらの方々の坐禅会も案内しています。






このエントリーをはてなブックマークに追加

老師との質疑応答の例

坐る会のサイトからの引用とご紹介です
提唱質疑  ・  11-17-2017 [日付は提唱の行われた日付]

坐禅した方がよいか?今とは?


【質問者】
ふだん坐禅はあまりしないのですが、やっぱり見性される方というのは、攝心とか連続坐禅会で、自分で目覚めていかれる方はかなり多いのですか?   inouekandoroshizazen2ske2


この質問の答えはこちらに書いてあります



え? それが坐禅? 修行ってそんなこと? 今まで聞いてきた話と違うぞ!!

【老師】
ひょっとしたら、各自が今まで自分でやってきた修行と、私が今話した事と、こうやって聞いてみて、ずいぶん自分のとは違うなと思う人はいませんか?


 続きはこちらに書いてあります



◯ 「普勧坐禅儀」はですね。
冒頭の方が、坐る前にものがどうなってるかって事が、ずーと書いてあるんですね。

修行するとか、しないっていう前に、ものがどうなってるかっていう事が書いてある。

それを見ると、もう完璧だっていうような内容になっているんです。


そういうことが最初に示されている。

最初に間違った事をやった上に、どんなに素晴らしい事を学んで積んでも、無理。
その過ちは修正はできない。




◯ 修行して、だんだんやったらそうなるんだったら、恐らくやれる人は一握りもいないでしょう。


-----------------------------
摂心情報の希望者は、以下からご登録下さい。ハンドルネーム可。

  摂心・集中坐禅会情報に登録する
         登録後、いつでも自力で配信停止することができます ここに登録しても攝心に参加する義務は発生しません

上記がクリックできない方は、
    https://tinyurl.com/inoueroshisesshin
から登録が可能です 同じものです

登録された方にはすぐに詳しい摂心情報・集中坐禅会情報をお送りします。
登録された方には、それ以後も臨時の摂心情報・集中坐禅会情報をお送りします。 








このエントリーをはてなブックマークに追加

「理想」は立派そうに見えて、実は「理想」が迷いの根源


理想は考えにすぎないー井上義衍老師



●人間が理想を画(えが)いていると、いかにも立派そうなんですけれども、それが迷いの根源なんです。それを人類ことごとく知らんのです。

●人間の考え方が、どんなに立派な考えでも、それは、その人間、その人の考え方なんです。

――井上義衍老師    井上義衍老師とは 

zazenshisenwitheyesopenshalftone








悟りのイメージが危険 ―井上貫道老師

Q.悟りに向けて進歩しているのかどうか不安なのですが・・・。

A.井上貫道老師:「悟り」って、どこかで聞いてきただけでしょ。悟りって、きっとあんな感じだ、こんな感じだというイメージがあるだけでしょ。だから危険なんです。


進歩っていうと、その勝手なイメージまでの距離を測り、どこまで進んだかな、なんてやってるんじゃないですか。

そのような行為を「念想観を測量する」と言います。測量はやめましょう。
註:「念・想・観を測量しきりょう する」は、道元禅師『普勧坐禅儀ふかんざぜんぎ』中の一句
念や想や観、それらをあることを基準に測量すること


悟りに用がないということにすればいいんです。
 
悟りたい、分かりたいという気持ちに用がある人は何してるかというと、
いつも追っかけっこしてるんです。
 

実際は手を叩くと「パン」だけで終わってるでしょ。


それで満足いかないのは「考え方」があるからです。
















このエントリーをはてなブックマークに追加

『井上義衍老師伝』も『サンガジャパン』に掲載中

悟りを曹洞宗に復活させた井上義衍老師



《 ニュース 》 2017年8月25日発売:サンガジャパンVol.27 禅ー世界を魅了する修行の系譜  に、
 星飛雄馬氏『井上義衍老師伝』pp.99-111 も掲載されています。→ こちら

サンガジャパン井上義衍老師伝表紙


「井上義衍老師をご存知でしょうか。
私が高校生のころに、テレビに出られました。
これはねぇ、もう『本物を見た』という感じでした…」―臨済宗円覚寺派管長・円覚僧堂師家 横田南嶺老師 (同著p.71)

(井上義衍ぎえん老師は、井上貫道老師の師匠)




井上義衍老師についての詳細を知る↓

井上義衍老師との問答集

問 坐禅によって自己の問題を本当に解決された方は、これまで実際に居られたのですか。

義衍老師:先ず第一に、私が居ります。釈尊や道元禅師など祖師方もそうでしたが、私自身それをやりました。やれたんです。私のもとにも何人かいます。決して独りよがりではない。釈尊から連綿として受け継がれて、現在に至っておるんです。


正師(しょうし)でなければ、師事してはいけない

問65『学道用心集』に『正師を得ずんば、学ばざるに如(しか)ず』とありますが、その場合の正師とはどういう人ですか。

義衍老師:今話しているように、正師というのは本当に自分の真相に徹しきって、死んで生まれ変わってきた人です。

 それはどういうことかといいますと、今までこれ(身)を自我心であると思うとったんです。

ところが一遍本当に自我心が死んでしまってみるというと、法として存在しているのです。だから法に近づこうと思うとったものが、百八十度ひっくり返って、そうじゃないのです。近づく要はないのです。

全部法で出来ておったことを自覚したんです。

そういうような人が正師といわれる人です。それだから只管ということも出てくるのです。

 それから、非思量、不思量底を思量するような方法を本当に知っている、それを使い得る人、そういう人たちがやはり正師といわれる所以です。それじゃから眼(まなこ)の開いた人、仏知見が開いた人です。仏と変わらない知見の開けた人です。

 仏知見を開くというと、仏いうものだから何か特殊なもののように思うんですわ。そうじゃないんです。「本来の面目」というと、「ああそうか」というて、誰もが承知するんです。面白いですね。

 「本来の面目を知るんじゃ」というたら、「ああそれはそうじゃろう」という。ところが、「仏知見を開くんじゃ」というと、「ナニッ、釈尊と同じようなことをやれるなんて、とんでもない」というて怒る人がいる。そういうふうに、言葉の文(あや)によって間違わにゃならんほど、もう根底がわからんのです。

言葉を弄(もてあそ)んでいる人はそうなんです。

 そういうようなのとは本当に違う。正師というのは間違いなくキチッとしているのです。



問66 なぜ正師を求める必要があるのですか。

義衍老師:正師というのは、本当に自己の真相に徹しきった人で、そういうことがはっきりしている人でなかったら、最終的にどこへ連れて行ったら良いのか、結論としてどうあったら良いのかということが絶対にわからんのですわ。

そうでしょう、教えられて、それらしいことをやっても、それらしく立派にできるようになったとしても、やれるのはやれるんじゃが、これで本当に良いのかとなる。

 昔の人にもありますように、提唱させても、それを取り扱わせても、自由に取り扱うのだけれども、どうもどこか満足の行かん、どうして満足が行かんのかという人がいます。

そういうような人が出てきたら、皆をどこへ連れて行って、どうしたら決着がつくのかということがわからんでしょう。それじゃ救いにはならんのでしょう、本当はね。そういうところに、どうしても正師を求めなければならん理由があるのです。

 それがないと、途中で妥協するんです。そうでしょう、このように十人が十人寄ってそのことを互いにこうやって、ある程度まで来ても、もう不自由なく、人が見ても自分が見ても法のごとくやれて、そして淡々としておるようだが、ただどこか疑いの拭いきれないものが兎の毛ほどでもあると、それだけ違ってくる。


 そういったところで、「ナニどうせ人間だもの、こんなものじゃないか」というて妥協する。もうそうなったら、今度は次の人をこしらえる時分に、「人間の修行いうものは、悟ったというても、大体ここら以外には手が付けられんのが本当じゃないかなぁ」というて、不安の内に終わる道なんです。決定的に、「こうじゃっ」と言い切れないのです。そういう哀れさがあるから、それをしっかり救わにゃならんということですね。

 じゃけれども、ここで問題はね、皆そういう人になれば良いんじゃけれども、皆そうなって欲しいけれども、そうばかりは行かんところがある。そうでしょう、いろんな条件によりますからね。やれば出来るということは決っておっても、その中で全部の人が全部、短時間にスカッと皆行くということは決っていないのです。

 それだから、きちんとした人が居って、それの言うことが中心になって、それに準じて行っておると、途中におる人も、「やはりまだ私もそこまで行かんのじゃ」ということがわかるから、そして最後は行くべきもの、こうあるべきものということがわかるから、そういう標準はどうしても仏法の中になければいかんのです。

 それがなければ、本当に追及してくる人があった時分に、始末がつかんのです。そうでしょう、行いも何もかにもみな出来た。出来たんだけれども、「どーも?」というて首をひねる人が出てきた時分に、手が付けられんでしょう。

そうすると、生命を失うところがある。そうでしょう。それは当たり前です。そんなことで本当に満足の出来るわけはないというところがあるから、ちゃんと指摘してあげれば良いのです。それが出来るのです。またそれをやらにゃいかんのです。

 だけどまあ時間をかけて、やって、それに近いとか近くないとかいうことは、それはもう途中辺の事(じ)だけれども、仏法の中にそういうふうにきちんとしたものが絶対にあるということだけは決っておるのです。

 その証拠は、道元禅師があんなに立派な力をもって、国内で修行しきって、誰が見ても「イヤー、素晴らしい」と言われるほどの人で、それが自分で疑問が起きてきて、その疑問に解決付ける道を誰に聞いてみても、「イヤー、それは難しい話だよ」いうて、皆終わっちゃったんです。「それじゃ難しくてもいいが、それはどういうことなのか」と聞いても、それをはっきり教える人がなかったんです。

 それでたまたま今の中国へ行って、如浄禅師にお会いして、それをはっきりしてくれたのです。それがなかったら、おそらく道元禅師でも救われなかったんです。それがはっきりしておるから救われた。
それで『坐禅箴』なども出来たのです。坐禅の誤りとしての様子があるから、それをはっきりしなければいけませんよ、ということがあったのです。

御自分に。御自分が散々な目に合わされたからです。

 

以上、『問答 井上義衍老師 悟りの真相』(龍泉寺発行)より

----------------------------------

井上義衍老師の著書は、個人の出家・在家の求道者だけでなく、専門僧堂や大学図書館でも読まれています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ