坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:魯山貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of a perfectly enlightened Japanese Zen Master Roshi Kando Inoue 魯山貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される魯山貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:魯山貫道老師の庵 まとめサイト イメージ画像

井上義衍老師語録

欧米には沢山の禅センターがありますが最近、日本の本山にもヨーロッパの方(ほう)から、「とにかく今こちらには指導者がいないんだ」という声が届くそうですよとある老師が言われたことがありました。ヨーロッパには、1970年代に最初の禅道場が設立されて以来、曹洞宗だけで
『禅センターでみんな僧衣を着て坐禅している欧米禅仏教界の現状』の画像

教えの通りなろうしても、そうなれない訳【質 問】 教えの通りになろうと努力しているのですが、なかなかそうなれません。いったいどうしたらよいでしょうか。【答】それですわ、それだからそういう風に教えの通りになろう、なろうと思うて自分で力を費すからです。そこなん
『【質問】 教えの通りになろうと努力しているのですが、そうなれません。いったいどうしたら?』の画像

座禅の重要点◯ 坐禅は五感を開放する  気に入ろうと気に食わなかろうと聞こえる 見ようと思わないのに見える◯ 思いは取り上げない(相手にしない 考えない 思いが自然に起こるのは構わない)◯ 空になろうとしない、悟ろうと思わない坐禅は、五感に任せきること▷静かに

障害となっている業(カルマ)がすべて解消されてから、悟れるのではないでしょうか?【回 答】  by 井上義衍老師本当に(パン=両手を叩く) (パン=両手を叩く)今の自分のこれが真相を示してるんですね。そういうことでやっていただければいいんです。一切の衆生[しゅじょう]
『【質 問】悪い業(カルマ)が無くなってからでないと悟れないのでは?』の画像

禅ーもう迷うことはない悟りの体現者・松本自證老師が禅を知るきっかけとなった本※井上義衍老師『禅ーもう迷うことはない』  は、もう古書でしか手に入りませんが、これは、龍泉寺発行の『問答:井上義衍老師悟りの真相』と同じものです(『もう迷うことはない』の方が少し

老師との質疑応答の例坐る会のサイトからの引用とご紹介です提唱質疑  ・  11-17-2017 [日付は提唱の行われた日付]坐禅した方がよいか?今とは?#003 坐禅した方がよいか?今とは?【質問者】ふだん坐禅はあまりしないのですが、やっぱり見性される方というのは、攝心とか
『仏道の指導者との質疑応答の必要性』の画像

「理想」は立派そうに見えて、実は「理想」が迷いの根源理想は考えにすぎないー井上義衍老師●人間が理想を画(えが)いていると、いかにも立派そうなんですけれども、それが迷いの根源なんです。それを人類ことごとく知らんのです。 ●人間の考え方が、どんなに立派な考えでも
『理想が迷いの根源―井上義衍老師』の画像

↑このページのトップヘ