自宅でZOOM摂心に参加して、一日中座禅できますー松本自證老師


210218zendoMeditation_trimmed_FotoSketcher

在家のまま悟りを開いた松本自證老師の指導のオンライン坐禅摂心

GWの毎日午前10時ー午後8時半

松本自證老師とは
こちら
ゴールデンウィークはコロナ禍の中、摂心中止になるところも多いのですが、ZOOMを活用したオンライン坐禅会が開かれています。
その一つが松本自證老師のZOOMオンライン摂心です。

matsumotosite

休日だからいっぱいしたいことある!
分かります。
でも、人生は限られています。このまま新型コロナで死ぬかもしれません(確率は相当低いですが 日本の場合お餅を食べて死亡する人(年間8,000人)より少ないです 入浴中に亡くなる人は年間17,000人でコロナの5倍です)
時間は作るものです。


20210101ninshinukegatashi


自分の部屋が坐禅堂

 40分の坐禅×11炷(ちゅう=ラウンド) やってみれば意外と楽勝かも!

【指導者】松本自證老師
【定員】30名     独参=質疑応答は随時可

【日程】4/29(木・祝)~5/5(水・祝)

【差定(さじょう=時間割)】
   09:50~10:00 Zoom‐IDを送信 各自動作確認   
 10:00~10:40 坐禅① 坐り方の説明含む
 10:40~10:50 各自:経行、トイレ 
 10:50~11:30 坐禅②
 11:30~11:40 各自:経行、トイレ
 11:40~12:20 坐禅③
 12:20~12:40 昼食  
   12:40~13:20   提唱・質疑応答
 13:20~14:00 坐禅④
 14:00~14:10 各自:経行、トイレ
 14:10~14:50 坐禅⑤
 14:50~15:00 各自:経行、トイレ
 15:00~15:40 坐禅⑥
 15:40~15:50 各自:経行、トイレ
 15:50~16:30 坐禅⑦
 16:30~16:40 各自:経行、トイレ 
   16:40~17:20 坐禅⑧ (最終日5月5日はここまで)
 17:20~17:30 各自:経行、トイレ 
   17:30~18:10 坐禅⑨
   18:10~19:00 夕食
 19:00~19:40 坐禅⑩ 
 19:40~19:50 各自:経行、トイレ
 19:50~20:30 坐禅⑪

【参加費用】2,000円/日 (この額を納めるのがきつい方は相談できるようです) 


【このオンライン摂心の特徴】
・最大7日間のオンライン摂心が自宅でできます 
・途中参加可能
・松本自證老師は、難しい古人の祖録の提唱はされません
・独参(個人で質問できる時間,質疑応答)は何回でも可能です
・坐禅のチェックには最も科学的な松本自證老師の指導です
・本当に坐禅が坐禅になっているかチェックしてもらえます
・オンラインですが、他の方々が坐禅に励んでいるので自分も励めます いわば、オンライン独摂心会 


【参加資格】なし  このページから
松本自證老師とは、こちら
予約など詳細はこちらから と こちらから

300takatsuki男性単

松本自證師の 「悟後の修行はない」 という記事を読む

松本自證師の「悟りとは何か・悟りの障害物とは」という記事を読む

松本自證師の「悟った後のことは悟る前は決して分からない」という記事を読む

※松本自證老師は井上貫道老師の弟子

松本自證老師のホームページ(サイト)はこちら
matsumotosite

坐禅には分厚い布団を坐布の下に敷きます

脚が痛くならない魔法の座布団(四角いほう)
400_9689

「尋常[よのつね] 坐所には、厚く坐物と(を)敷き、上に蒲団を用う」―道元禅師『普勧坐禅儀』
[ 坐禅をするところには、厚い坐物(ざもつ)を敷いて、上に蒲団=座蒲(ざふ=丸いクッション)を使用する ]
「ざもつをしき」と「ざもっとしき」と読むのは経典読みで、いわば、リエゾンです。
zazenzabuton
88cm×80cm この上に丸い坐蒲zafu と呼ばれるクッションを置いて坐禅をします 

↓↓ 座物(ざもつ=四角い大きめの脚の痛くならない魔法の座布団) と 蒲団(坐布=丸いクッション)
350zafuonzabuton_FotoSketcher


坐禅は苦行ではありません。
坐禅には、厚い四角い座布団(坐物ざもつ)88cm×80cm を敷き、上に丸いクッションである座蒲(蒲団ふとん)を用いて、快適に坐禅せよと道元禅師がお示しです。
坐禅専用のざぶとんと坐蒲(丸いクッション)で
脚が痛くなりにくいです

自宅坐禅用の座布団の販売がされています

座布団申込みページへ行く
座布(ざふ)という丸いクッションは簡単に入手できますが、その下に敷く四角い布団が中々ありません。
丸い座布を直に畳の上に置くと、膝がすべり、身体がずれて来ます。当然長時間の坐禅に耐えられません。
丸い座布をフローリングの上に置いて坐禅すると、床に当たった膝が痛みます。

従いまして、座布の下に何か必要なのですが、普通の四角い座布団は何もないよりましですが、大きさが足りません。80cmほどが必要になるのです。

よって、坐禅専用の座布団をふとん屋さんに作ってもらうしかなかったのです。


このたび、神戸の坐る会/神戸坐禅会で、坐禅用として十分な大きさとクッション性を持った座布団の試作を重ねて、メーカーに特注した坐禅用座布団の頒布が開始されました。88cm×80cmのサイズです。


ネット通販で神戸「坐る会」から購入することができます。
坐禅にふさわしい分厚い座布団となっています。
自宅坐禅用や坐禅会場にどうぞ。

脚が痛くならない坐禅専用の座布団です。他では入手できません。


サイズや値段、注文方法など
坐禅用座布団の頒布についてはこちらをご覧ください  
座布団申込みページへ行く

400_9686kobezendo



zafu

坐禅用の座蒲(丸いクッション)については、大きさは、1尺または1.1尺くらいのをおすすめします 33cm くらいが一尺ですが、測り方によって誤差が生まれるので、同じ1尺、1.1尺と言っても販売店によって大きさが異なります。

また、体格と座蒲の関係ですが、お尻の大きさと座蒲の大きさが比例するとは限りません。体格の良い方が小さい座蒲が合う場合もあり、管理人のように大きくなくても座蒲は大きくないと、腰がだるくなりやすい場合がありますので、サイズに関しては最初は試行錯誤になるかもしれません。
  
 http://tinyurl.com/zazenzafu ←色々なのを比較検討したい方はこちらを 


 https://store.shopping.yahoo.co.jp/enchudo-zafu/nf9t2nh3id.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title(円中堂) ※ 
 
 ※ 円中堂のを代引きで購入したい場合はこちら