悟った人は他人の喜怒哀楽の感情は理解できるのかー悟った人の生活・感情

 「悟りを開いた人の特徴―お釈迦様と同じ悟りを開いた井上義衍老師と貫道坊や」もご覧ください

  悟った後のことは悟る前は決して分からない―松本自證老師:お坊さんじゃないのに悟った現代の人 もご覧ください

母が亡くなりました

hahatoko


何年か前のこと、母親がガンで亡くなりました。ちょうどお寺で接心が始まったので、葬儀の翌日、わたしは接心に行きました。(管理人の事です)

それまで毎回接心(攝心)には参加していたのですが、さすがにお通夜と葬儀の日には参加できませんでした。



接心参加した初日に早速独参に行きました。

内容はほぼ覚えていませんが、接心に遅れた理由として、母親の死の事を老師に告げました。
今思い起こせば、お通夜や葬儀では涙は出しませんでした。


そしたら、突然悲しみがこみ上げてきて、老師の前で大声で泣いてしまいました。

老師は、その間ずっと無言で対座されています。


老師のお母様は、
老師が2歳の頃病死されたこと、
老師は流石に母親の面影も何も覚えておられないこと
を以前伺ったことがあります。

しかし、その時は、私の悲しみと一緒に居てくださった、そのような感じがハッキリとありました。

葬儀でも涙を流さなかったのに、なぜ老師の前では声を出して泣いてしまったのかわかりません。
(老師はわたしの母はご存じないです)
お葬式の翌日でしたし、
この方の前ではどんな感情もさらけ出して良いと、心の奥では知っていたのかもしれません。


そして、静かになったわたしに一言、


「母親は一人しか居ないですからね」


それが母親の顔を知らないし思い出もない老師に言える正直な一言でした。
(義衍老師との関係を綴った貫道老師の子供時代の文章があります それはこちら⇒ https://zazen.blog.jp/archives/1078891775.html)


しかし、それは数々した独参中の老師の言葉で、最も印象的な言葉でした。


その後、自分の母のことに対して愚痴をこぼす人には、老師のその言葉をお借りして、
「でも、お母さんは一人しか居ないですからね」
と、そのように言っています。


その中で一人、とても親孝行になった人がいます。
老師のことばの威力だと思っています。

⇒ 【質問】悟ると喜怒哀楽の感情はどうなるのですか?  という記事を読む
仏教ではなかったのですが、母親の宗教心はわたしに多大な影響を及ぼしました。
20代になって仏道にご縁をいただいたのも母親のお蔭だと思っています。


ちなみに、母親のガンについては発見した時にはもう手遅れだったこと、本人の希望があったことで、胃ろうも含み延命治療は一切しなかったです。
心臓マッサージも断りました(骨が折れて惨めな姿になるだけだから)。
病院には儲からない患者でした。


しかし、最後までまったく苦しむこともなく安らかに逝きました。
ガンで苦しむのはガン自体ではなくて、がん治療のせいだということを聞いていましたが、母親の場合を見ていて本当にそうだったと思います。
abotoorugan2joken
安保 徹『人がガンになるたった2つの条件』 (講談社+α文庫)


日本のがん治療は諸外国に比べて相当遅れているようですよ。

新潟大学名誉教授だった安保徹博士は、
「「恒温動物である人間は一定の酸素と温度が必要だが、この二つの条件が得られないと生きにくくなる。その状態が続くと体はこれに適応できる細胞を新たに作り出す。それがガン細胞。ガンは低酸素、低体温に適応現象として現れるものに過ぎない。遺伝子や発がん物質などを持ち出さなくても自身の日常を振り返ればガンの原因が見えてくる。3大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)に依存しなくても低酸素、低体温状態に陥った生活を見直していくことで治癒させることもできる。逆にそれをせずにガン細胞を取り除いたところでガンはなくならない。(中略)代替医療にはさまざまなものがあるが、成果をあげているものに共通しているのは体を温める効果があるもの」ー『人がガンになるたった2つの条件』
と述べています。

安保徹医師は、テレビにも出られたことがありましたが、影響が大きくなるにつれて、医学界やマスコミからは無視されるようになりました。
新潟大学大学院の名誉教授なのに、亡くなられた時は、訃報が一行も新聞に取り上げられませんでした。

マスコミが報じて、「薬を使わない医療」なんて注目されたら、お金儲け先行の医師も、製薬会社も、それで成り立つTVや新聞も困るからです。

医師も製薬会社も仕事ですから、儲けていいですよ。医業でも薬業でも、利益を取らないと生活できないし、病院も会社も潰れます。
新聞やTVも製薬メーカーが広告を出してくれなくなったら運営ができません。それは分かります。


でも、薬を使わないことを推奨する医師の意見も取り上げてもいいでしょう。

どこまでも貪ろうとするのを三毒-貪瞋痴の三毒というのです。
これが人間を誤らせます。


最近は、世の中が利益優先で動くのが、ちょっとひどくなっています。
しかも、外国の勢力が日本を侵していて、日本の会社でも資本は海外ということが大変多くなっています。
法律が不整備なのか、大多数の日本人の知らないところで、日本は侵攻されています。
表立って攻め入られていないように見えるだけで、実は中国や西洋の資本が攻めて来ています。

利益優先にしているものだから、断れないのです。



9割の国民が騙されている?レジ袋有料化は本当はECOのためではなくて...



 ふるさと納税の闇、ECOは大嘘:ゴミ分別にうごめく闇の勢力 という記事を読む