今始まったのは、臨床試験不十分なワクチンです 結果がどう転ぶかは不明です:よーく考えて下さい


この動画では、薬をできるだけ使わない薬剤師の伊藤氏が、ワクチン、マスク、アルコール消毒について語られています
 「外も内も細菌だらけ:あなたの身体は9割が細菌で構成されている」 を読む
(もちろん、細菌とウィルスはまったく別のものです)
動画12分22秒後以後が、今回のワクチンのことについて話しています
「今回の国が保障してくれるタイプは危ないんじゃないかと思う」
「本当に(副反応があっても)それを国が認めるかが問題
「本当に安全ですか?」
「元々わたしは「新薬には飛びつくな」と言っている。安全性が低いから」
「ある新薬の場合、添付文書に書いてない副作用が出て来たことがあった そのように発売前の実験段階では無かった未知の副作用が、販売後に実際に最も多く出てくる場合がある」
「薬は一番に作れば一番稼げる」
「今はとにかく早く出してくれという中で開発されたもの それって、ちゃんとしているんだろうか 緊急時で上がってくるものはチェックにチェックを重ねてもミスがあるもの 人間だから」
ーー以上動画から

下は上と同じ動画ですが、いちばん大事な点のみ視聴できます↓↓

210225yakuzaishifukusayo
上の動画には続きがあります。 続きの記事はこちら

今回の新型コロナウィルスのワクチンは、製薬会社としては面白いように儲かるものです。病人だけでなく健康人も含めた人が対象となるのですから。


しかも、製薬会社ではなくて、国が保障してくれるということです。
もし自分の会社が責任を負わなければならないとしたら、極めて慎重に臨床試験を繰り返したでしょう。しかし、国が負ってくれると言う。
しかも、早く開発すればするほど、莫大な利益が転がり込む。

するとどういうものが開発されるかは想像できます。

しかも今回のは、今までに例がないmRNAワクチンです。
mRNAとは、細胞内で、情報伝達をする核酸です。遺伝子情報を他に伝える物質なのです。mはメッセンジャーのm、RNAはリボ核酸
(DNAはデオキシリボ核酸)

今回の新型コロナウィルス用のワクチンは、SARS、MERSでも何年もかけても成功しなかったmRNAワクチンをたった一年で開発したものです。

mRNAワクチン、DNAワクチンは、今まで一度も人間に使われたことがなく
動物実験もせずに、直接人間に使って試験をしてます。
プラセボ対照ランダム化比較試験もしてません。

組み換えDNAテクノロジーは、人の体に永続的な未知の遺伝子変化を引き起こす可能性があります。
この遺伝子ワクチンが体内に入った後、どのような挙動をするのか、どのような影響を及ぼすかはまったく分かっていないのです。


でも、TVや新聞などは、製薬会社が超大切なスポンサーなので、自分たちの利益のためにも本当のことは言えないのです。


どうしても打たないといけない医療従事者は、一回くらい嘘の理由「体調が極めて悪いとか」でパスしても良いでしょう。

厚労省は、公式サイトで、「接種は強制ではない」「接種しない人を差別してはいけない」と言っています。
210224koroshosesshu
 世界陸連会長 選手へのワクチン接種優先に反対

天笠啓祐「感染症利権と新型コロナワクチンの危険性」


20201112の動画です。
冒頭のワクチンの歴史もしっかり視聴して下さい


閑話休題ー英会話教室 Please を間違って使ってませんか?

日本人がすぐに使ってしまう"Please"について