坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of an enlightened Japanese Zen Master Kando Inoue Roshi 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される井上貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト イメージ画像

曹洞宗坐禅

自己は消え、老師の声が聞こえるのみ――貫道老師坐禅会参加が2回目のある女性の体験井上貫道老師のある坐禅会のことです。午前中坐禅を3炷(ちゅう)、それから斎座(さいざ=昼食)、午後坐禅1炷、提唱、質疑応答という差定(さじょう=時間割)です。老師の提唱後、お茶とお菓子
『自分は無く、 ただ声だけがあった――女性参禅初心者の体験』の画像

仏道は理想を追求することではない仏道は人間が描く理想とは関係がない▶多くの人が、坐禅中においてさえ、理想を求める境地を頭で探しています。それは一見坐禅らしく見えますが、真実から外れています。ー井上貫道老師 ●人間が理想を画(えが)いていると、いかにも立派そ
『仏道は理想を求めて修行することではない』の画像

「坐禅が進んで、内も外もなくなった人がいますこうなると人生観が変わりますよ」[ これが悟りだと言われているのではありません 念のため ]ー(2014年夏の緑陰接心の提唱:接心3日目)井上貫道老師 (このブログは実践を前提に書かれています更新がなくても、今までの過去記
『内も外もない(内外打成一片)―本当の坐禅修行の方法』の画像

今日、昔の人のように本当に大悟などできるものかという人が多いけど、これはうそです。 絶対にそういうことはない。今日の人だって、必ずできるということです。 ただ、そういうことのあることを信じない。 それですから、せつかく坐禅儀などに方法も手段も説いてあって
『今の人に大悟は無理? 悟りは必要がないのか 悟りは今の人に役に立たないのか』の画像

井上貫道老師の『正法眼蔵現成公案』提唱から悟り体験をすれば、もう元には戻らないです以後は、諸仏の過ごされた境涯というものをこの身体で楽しむことが出来るのです   ―井上貫道老師修行ということに関しては、一応悟ってしまえばもう関係はないと思っている人もおり
『悟り(見性):もう元には戻らない―井上貫道老師』の画像

新着情報:井上貫道老師 高知坐禅会が、2018年6月、9月にあります詳細は、こちら☆井上貫道老師は悟りを開き、仏道を体得された方です。厳しい修行を長年したとかではなくて、正師の指導による正しい修行によって、釈尊と同じ体験をして自己を明らめた、悟りを開いた、事実を
『坐禅の仕方を教える井上貫道老師の坐禅会日程』の画像

↑このページのトップヘ