◇井上貫道老師のことば◇

● 修行に時間がかかる人は、結局、何も実践していなんだね。
(月1回の座禅会に2つ、3つ来て、坐禅して法話聞いて、1か月後にまた坐禅会に来て、坐禅して法話聞いて、それをまじめに長年繰り返すなど)


● 
Q.
坐禅はどうやればいいのですか?

A.
この身体で、今、生きているこの様子がありますから、それに無条件でいてみるっていうことです。

頭のほうで何か探るのでなくて。

事実、今、こうあるものの方にこう、そのまま、照らされると言っていいのかな。このままいてみる。



考えを使ってないからといってボヤーッとしているってことはありません。


よく「坐禅で何も考えないようにしてお坐りください」って言うと、「なんかボーッとして何してるのか分かんなくなる」って質問される人がたくさんいるけど、そんなことはありません。

明確です。

クリアです。


そして、そういうものによって、本当に、
最終的には、
自分も物も、そういう隔てるものが一切なくて、
いきなり「向こう」と「こっち」とか、
「私」とか「あなた」とか
っていうようなことがなしの動きがそこに展開してる、

そういうものに必ず人は触れます。
 

そういう時に、少なからず、今まで祖師がたがいっておられるような内容がですね、

ちらっと「なるほど、そうだな」って思えるぐらいには間違いなくなると思いますね。


そっから、今度は安心して修行が出来るんじゃないですか
ね。


「どうしたらいいか」っていうようなことも問わなくなる。


そこまで連れて行きたいですね。あとはもう、やってもらうしかないな。


以上は、本来のカテゴリー 坐禅の仕方 にも置いておきます
→ http://zazen.blog.jp/archives/1029348259.html
-------------------------------------------------------------------------

禅 茶話会 思わない時に人は苦しんだことがない、~2012年9月井上貫道老師東京都青梅禅会⑦


一旦中座し、お茶お菓子を頂きながらの茶話会となりました。
前半はやはり老師のお話がそのまま続きました。




今の一瞬一瞬なんですね、って事おっしゃった方が
おられたので触れておきますが、
 
一瞬ってどういう時間でしょう。
 
 
皆さん、頭でなんかここからここまでというスパンを切って
そうやって一瞬っていう時間を作るけども、
時というものはですねえ、
そんなふうに区切られた事ないんですね。

 
ずーっと、私よく使ってるけど、今のあり様だけども、
今のあり様っていうのは、どこから今の様子になるかっていって、
スパンないんですよね、どこにも。
 
 
だけど間違いなく、さっきの事ではないんですね。
そういうふうに本当はできているんじゃないですか?
 

一瞬なんてどっか区切られるような気配は全くない。
 
頭でどっかで線を入れて区切ってつけるんだけども、
事実ってそんな事ないのに見事に変わるんですよ。
 
変わるのもですねえ、



(老師扇子を広げる)
 
こうやって、勉強ですよ、いいですか、こうやって、
今こういうふうに見えてるけども、皆さんの目の前で
こうやってやると、前の事はどこに行くんでしょう?
 
今見えてるの、どこに行くんでしょう?
 
今見えてたの、変わるんだけど、前見てたものどこに
行くんでしょう?


どこから新しい事が出てくるんでしょう?
 
手品みたいだけども、こうやって皆さん毎日過ごして物に
触れてるんですよ。
 
だけど、見極めた事がない。
 
どうなってるか、
前の物がなくなって新しい物がそこに出てくるって
いう事はないです。
 
いいですか?
 
このまま、今こういう形のもの、こうやったら一瞬のうちに
こういう形になるのであって
前の物がどっかに行く、なんていう気配がないうちに
ただ、こういう動きがあるだけで終りですね。
 
こんな事知ってますか? 



これは、例えば、子供が悪い事をしたって言った時に、
悪い事を止めて正しい事をするように教えるって事がいかに
この道理から比べたら違ってるかって事を学ぶべきでしょう。
 
悪い事を止めといて、新しい事をとりあげるなんて事は、
このままで、いきなり今の事が展開されて全部変わっちゃう。


ところが道徳っていうのは、いったん悪い事をした事を認める、
それを改めて良い事をするように教えていく、それ道徳。
 
だけど事実は道徳と違ってもっとすごい働きをしている。


そういう事も釈迦という人は自分を見極め、
そういう事もきちんと認めてますね。


いっぱい、いろんな事で私達は普通に、そこに平常心、

誰もが普通に生活している事で、しかも見極めてない事だらけです。

 
(老師、扇子を広げる)
 
こうやって私がやったら、どうしてもそれは井上さん[井上貫道老師]がやってる事
ってしか思えないじゃないですか。そうでしょ?

 
自分はやってないものね。
 
扇子を持って広げたわけではないもの。
 
そんなことないって、みんな思うんですよ。
 
思うんだけども、自分の眼をよく見てみると、その通りの事を
自分の眼がやるのですねえ。
 
不思議ですねえ。
 
人の事だと思ってるはずなのに、自分の眼が
、人がやってる事で一緒にやってるんですね。

あっちで虫が泣いてるから虫の声だって、
私には関係ないと思ってるかもしれないけど、
ミンミンミンミンミン って、これ、ちゃんと響いてる。
 
そうやって豊かに生活するんでしょ?これが。

 
あるいは向こうで泣いてても聞こえないなんて、
何にもおもしろくないじゃないですか。



泣いた時に、その一時間くらい経ってから聞こえるようだったらさ、
事故を起こしちゃうよね。
ズレができてね、


だけどズレがないからそうやって楽しめるんでしょう。
 
トンボが目の前飛んだのに、30分後に飛んだようにみえる
なんて大変なんでしょう。 
それは自分の事だからそうなるんですよ、
 
人の事だったらそれくらいなるけど、自分の事は、
トンボが目の前飛んだで済むでしょう。
 
そういう生活をそこで楽しんでいる。
トンボの事でなくて。
 
そういうので、ずいぶん誤解してるよね。


 
別々に見てるんです。物事を。
だけど理論的に考えたって、今っていうものは、
向こうに今っていう時間があって、
こっちに今っていう時間があるって、
二つの今っていう時間なんてないんですよ。
 
それが理論的に説明する時に使う。
 
 
今っていうのは、必ず一枚。
 
向こうとこっちっていう関係ではない。必ず。
 
だからずれない。


(ぱしっ、老師扇子で机をたたく)
 
 
ずれない。

 
 
ずれないから役にたつ。
 
親子でも息がぴったり合う。
 
(ぱしっ)
 
ずれない。
 
(ぱしっ)
 
意見の違いが絶対起きない。

 
そういう真理が基本的にあるじゃあないですか。
 
好き嫌いとは別に。
 
いい悪いとは別に。
 
人間の感情とは別に。
 
どうしてもそれと一緒になって生活しなければならないように
出来てるって事。

 

それを知らないから
人間生活の上では
自分の考え方、自分の好き嫌いの上からものを見るって事が
習わしになって、まあ誰もがやってるから、
公に良しとされてるんでしょう。


それ以上、深い自分のあり様っていうのをみようとしないから、
結局本当の自分のあり様を見極めてない。
自分の事でありながら。
 

で、何か事柄があると、騒ぐんだけど、どうあったらいいかって
騒いだ時に根本がわかってないから、どうしようもないのが、
疑いじゃあないですか?
一番最初は何も騒いでませんよ。
 
どんな事でも。
 

俺おれ詐欺とかってあるけど、騙されるっていうんだって、
気がついた時から始まるんだよ。
 
「あっ、騙された」
って思った時から問題が起きるんで、それまでは
いい気持ちでさー、「どうぞっ」とか言って施しができて
気持ちよく施してるんでしょう。
やってあげて。
 
一瞬のうちに地獄に落ちるんでしょう。
 
「騙されたー、くそー、」とかって言って。そんなもんだよ。
 

で、騙していいかっていうとそんな問題じゃないけどね。
そういうことを問うわけではないけども。
 
それくらい平和に過ごせた自分がいるにもかかわらず、自分の思いで
平和に過ごせてた時の素晴らしさを全部ないがしろにして
奈落の底に自分で落ちるって事じゃん。
 
つまらない考え方を起こして。

 
誰も他の人はやってない。
 
そこも大事な事でしょう。
 
他の人が、「あんた、騙されたねっていって、「思いなさいよ」って、
「間違いなく騙されたんだから騙されたって腹立てなさいよ」って言われて、
そうやってくそーと思ったわけではない。
 
たった自分が一人、「あっ」、と思っただけでそうなる。


それが、日常騙されるってそういう悪い事でなくても、
親子の会話の中でもそれに似た事しょっちゅうやってるわけじゃない。


いつも自分のものの見方やそういうものがあって、
聞いたり見たり、触れたりしているからそうなるんですね、
考え方なんかめちゃくちゃなんだもの、人間って。


さっきまではいい人だと思ってたものに対して、なんだ、あいつは、って
すぐそれくらいコロっと変わるような事平気で思えるんだものね。

 
あてにはならないね、自分の思いって。
そのくらい、いいかげんな思いを皆さん方、信じて生きてる。
 
そういう事だって、考えて御覧なさい。
 

自分自身って変な奴ですよ。
 
ものすごい変な奴ですよ。
 
それで、みんな人のせいにする。

 
そういうふうになったのは、人がなにかさせたと思ってる。
そうじゃないしょ。
 
自分が自分の中でふっと思っただけですよ。

 

だからそういう事思うなっていうんじゃなくて、その事がわかりさえすれば
それに騙されないじゃないですか。
 
そういうふうな思いが起きても。
 
そういう人になったらいいじゃないですか。

 
そうしたら放っておけるじゃないですか、いろんな思いが起きても。
それがわからないと自分の中に起きた思いが気に入らない思いだと
自分で騙されるから、もっと手をつけてぐじゃぐじゃになって
どうしていいかわからんようになる、
そういう事をしないように生きて欲しいですね。
腹の立つ思いが起きたって、

(ぱしっ)
この通りです。

 

思った時だけそういう事がそこにかろうじてあるけど、
思いが止んだらないじゃん。


 
だから最初に申し上げたように、

思わない時に人は苦しんだ事ないですよ。
 

手がこう、すばっと切られたりして、
それだけですよ。
 
思い始めると、いろんな事ぐずぐずぐずぐずいっぱい出てくる。


だから時々何も思わないでいると人間楽になるんですよ。
 
スッキリするでしょう?しませんか?

 
疲れきっちゃうと、もう考えやめてる。

 
大の字になって寝るとはあー、いいなー、
 
ほとんど考えてない時ですよ。
 
だったら止めたらいいじゃないですか。

 
考え方止めたってねー、本当にお茶飲んだらお茶の味が
わからなくならないんです。
考え方止めたら、

(ぱしっ)
 
音がしても聞こえないって事はないんだよ。
 
全部機能はきちんとしてるんです。考え方止めても。


 
ところが考え方止めると人間愚かになると思ってる。
 
だからいろいろつまらない事考えてる。いつまでも。


だから日常生活にいるとなかなか難しいから、
さっきのように(座禅30分した事)少しの時間暇をとって、
いつでもどこでもいいから、静かに座って考え方を止めて
過ごしてごらんなさい。


その時なら間違いなくどんなものでも、どんな考え起きても、
放っておいても、生活の支障はないから。
放っておいたら楽になる。
 


焚き木だって、燃えた時に火に油を注がなければ燃えて終りです。
 
ところが、人間は何か思うと、そこに次の思いを加えるから、
あたかも火に油を注ぐようにどんどんいろんな思いを入れるから
いつまで経ったって余分な思いが止まないだけですね。

 
そんなことみんなよく知ってるでしょ?
 
 
考え方で何か整理ができると思うからつぎ込むんですね、考え方を。

 
考え方を使わない事が考え方を離れる唯一の道でしょう。

 
あとは、実践して、なるほどってものにするしかないじゃん。


 
こんなの、いくら後で、理屈で考えたって何の役にも立ちませんよ。


引用元

⑧へ続く。