坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of an enlightened Japanese Zen Master Kando Inoue Roshi 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される井上貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト イメージ画像

座禅のやり方

坐禅は形を作っても坐禅にはならない 中身がないと 座らないと分からないじゃなくて、坐るってことはこういうことやってるんです。 要するに考え方でない世界なんです。 考え方で過ごしている時間じゃないんです。 坐るっていうことは。「形だけの座禅」外から見た時に形だ
『「本当じゃない座禅と本当の坐禅」』の画像

坐禅 只管打坐はシンプルー座禅中に目を開くことの意義禅 座禅後の指導 目を開けること ~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より③ 今回の③は約17分です。椅子座禅30分終わって、そのあとの井上貫道老師のお話です。  やってる事はそんなに難しい事は何もな

井上貫道老師・坐禅の方法と秘訣●修行して解脱するんじゃないです。すでに解脱してるんです。そのことに気づき、ああ、なるほど、確かに解脱してるな、となるのが坐禅です。こういう実証方法を伝えてきたのが仏教のすばらしいところですね。●自分の抱えている問題を修正し
『只管打坐の極意―曹洞宗師家・井上貫道老師』の画像

座禅の組み方・坐禅の方法・坐禅の仕方ー井上貫道老師坐禅中は、かならず目を開けます道元禅師は、「目は常にすべからく開くべし」「常に」と「すべからく」ですから、「坐禅中は目を開けなさい亅とかなり強く言われているわけです―井上貫道老師(正しくは坐禅であって、座禅
『坐禅の組み方(目・手・脚・口)―井上貫道老師』の画像

↑このページのトップヘ