禅 事実は人を騙さない、苦しめない~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より⑥ 


うち[井上貫道老師の寺院・少林寺]の座禅会でもこの前、こんな事があった、

おじいちゃん、人は生まれたら必ず死ぬのになんで働くの?って、
小学校一年生の子がおじいちゃんに夏休み聞いたって話。


で、お前はいつからそんな事を思うようになった?って聞いたら、

五才の時に自分でそういう事を思ってるって、
小学校一年生の子が答えた。


皆さん、そういう質問されたらどうしますか?

人は、生まれたら死ぬ、間違いなく死ぬのにどうして毎日あくせく働いてるの?

何のために生きている?

生きるってどういう事かって事でしょう。


そういう意味でしょう。

そういう事、一年生で聞く力があるんですよ。


もしそれをちゃーんと聞いて育てられたらすごいな。

こちらに力がなければその子供を育てる事はできないね。

真面目にそのこが言ってる事、受け入れられないね。



それ一例ですよ。

そういうような事、日常茶飯に行われているわけでしょ。

大人の方はなんか子供より偉いと思っているんだよね。

そんな事はないって。


それ位大人は傲慢なんです。


だから成長しないじゃないですか。大人になると。

ある程度までいくと成長しない。

あとはなんだか突っぱねるだけ。

で、もっと突っぱねておもしろくなくなると、
嫌な顔してもう口も聞かないような人生になる。
自分で。



それで隔離されていく、
どんどん社会から。
一軒の家から。

それでこっそり死んでいく。

亡くなる頃には誰も見向きもしない。

そういうふうな人生歩んでいる人たくさんいますよ。 



だから、今を勉強して欲しいんですよ。 

本当に簡単な事ですよ。 


自分を見極める。


向かいさえすれば必ず見えるんだからね。 


いつでも。そんなに上手くで来ているんですよ。

空っぽのような頭でも、向かいさえすれば見える。 


(老師、手を握る)


こうやって握りさえすれば、すぐわかる、
握った事が。

重さでも温かさでも。


実物ってそれ位膨大な思量、内容を持っているんですね。


研究して蓄えるよりはもっとすごい内容を持っているんです。

事実は。

もっと気楽に生きたらいいじゃないですか。



初めて会う人にこうやって会ったって、
何にも苦労しないじゃないですか。

知っておかなきゃ、会って話するのに困る事ありますか?

なにか。

そんな事ないでしょう。


なんでいろんな事探るの?

粗末にならないようにするっていうんだろうけども、
粗末にするような気持ち何で起こるの?

それは、あの人は偉い人とか偉くない人って事自分で見て知るから、 
そういうふうなつまらない事が起きるんでしょう


それがなければ必ず丁寧に触れるでしょう。
そういうもんでしょう。

持ち物がなければ必ずどんな人にだって素直にその通りに触れるようにできているんじゃないですか?

ところが自分の中で、いろんな事知る事によって逆に立派な人だったらこういうふうにするけども、
ちょっとどうでもいい人だったらまあこれくらいでいいかなって
そういう事をするつまらないものでもあるね。

知った為に。


レストラン行ったってそうでしょう。

あー、なんだ、百円のものかって。

そういう扱いするんじゃないですか?

知りもしないのに、なんかすごいシェフが作った千円位の料理だって言われると
じゃあしっかり味わって食べなきゃ。 

そうやって、そんな味わい方をするから、
本当の味を味わう事できないんじゃないですか?

何もついてないで、どっちもやったらちゃんと味わえるんじゃないですか?

それが私達の本義じゃないですか?

皆、そういうレッテルに騙されているんじゃないですか、
人がつけた、あるいは自分がつけた。

そこまで一回自分を剥ぎ取って見てください。 


私は釈迦って人は、本当に六年、
菩提樹の下で来る日も来る日も座ってたって事を読んで、 
そういう事を思う。


六年の間、何をしてたんだろう。


本を読むわけでもない、
人に話を聞くわけでもない、
こうやって座って、
寝てるわけじゃない。

目を開けてこうやって、



ひたすらこの真実に目を向けて、
それが自分の真実に触れてる時どうなってるか、
極め尽くしたんだと思いますよ。



(カチッ)
 

向こうで音がしてこっちで聞こえるなんて時間はない。

ないですよ。



(カチッ)

いきなりカチッと音がして終りです。


聞こえたとも、聞いたとも、なんともそんな事はないんだけども
 

(カチッ)


カチッってそうなるね。


上手く出来てますね。
 

それまではやっぱり普通に勉強していれば、
聞くから聞こえるんだとか、
そんな事いうじゃないですか。


じゃあ聞かないって言って、
私は絶対そんな事聞かないって言って、
聞かないようにしてて、


(カチッ)


こんな事したら、どうなるか

いくら頑張っても聞こえちゃうな。


(カチッ)

こういう事勉強するわけです、

考え方じゃないって事を、



事実というのは考え方を遥かに超えて、人を騙さない、苦しめない、

しかも、どこにもそれが体験したにもかかわらず、いきなりそれで終わってしまう。


蓄えてなくても、

(カチッ)

聞くのに何にも困らない。

さっき聞いた聞き方を蓄えてなくても、何にも困らない。



(カチッ)

音がしたらちゃんと聞こえる。



練習しなくてもいいようにできているって事ですね。

練習して初めて聞こえるって事ない。

人間の本質だから子供が成長するんでしょう。すごい勢いで。
 
大人は顔負けって言っていいでしょう。
 

大人がとっても敵わないくらい。
 

普段は大人が子供を育てるとき、大人は知らないから、子供の良さを全部壊していく、
 

力関係でやっぱり大人の方が力があるからぐっと抑えつけられる、

何にもできないからしょうがない、その子供は言われるままにやる。



言葉でもそう、ばばばばって言われれば、返す言葉もない、子供の頭では、

だからしょうがない、そうやっているけども、

ものすごい理不尽な事だから体力がついて能力が学校出る位になったらばんばん返ってきますよ。



その頃になると、急に何でうちの子はおかしくなった?って、
反抗期だ、恐ろしい
とかって言うけど、そうじゃない。


そんなの、前から予兆はあるんだよ。

知らないのは本人、大人達だけです。


自分がそういう事やってきた事知らないから。

正しいと思ってそれをやってきた、
だけど一番正しい事全部、ないがしろにして育ててきている事、 
子供に対して耐えられない事なんです、


せっかくの伸びる力、全部むしりとってきたんだもの。



そういうのは現代社会で著しく今、問われているんじゃないですか?



いろんなところで研究会して、文部省とかあーいうのでも、学校の先生も困ってる、


どうやったら、

子供はそんなに愚かじゃないって、触れてごらん、地域の子供でも。

どうしようもない子供なんか一人もいないんだよ。


そこまでなるのには理由があるんです。



もうほとんどの人が承知のようにその身の回り、一番近い環境にいる人達が影響してるって事、みんな知ってますよ。



あとざっくばらんにいろいろ話してください。




引用元:(ブログ作成者の許可をえています)