坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of an enlightened Japanese Zen Master Kando Inoue Roshi 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される井上貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト イメージ画像

井上貫道老師

「坐禅が進んで、内も外もなくなった人がいますこうなると人生観が変わりますよ」[ これが悟りだと言われているのではありません 念のため ]ー(2014年夏の緑陰接心の提唱:接心3日目)井上貫道老師 (このブログは実践を前提に書かれています更新がなくても、今までの過去記
『内も外もない(内外打成一片)―本当の坐禅修行の方法』の画像

井上貫道老師の『正法眼蔵現成公案』提唱から悟り体験をすれば、もう元には戻らないです以後は、諸仏の過ごされた境涯というものをこの身体で楽しむことが出来るのです   ―井上貫道老師修行ということに関しては、一応悟ってしまえばもう関係はないと思っている人もおり
『悟り(見性):もう元には戻らない―井上貫道老師』の画像

井上貫道老師が坐禅会で話されたことばから仏道をならうというは、自己をならうなり ―道元禅師 ●釈尊も道元禅師も、みんなあらゆる書物を勉強して理解できたほどに頭がいいのに、結局はそれを捨てて自分自身に学んだんです。なぜ大先輩達が自分のありように学んだのか、

井上貫道老師が坐禅会で話されたことばから●(手にした扇子の角度をいろいろ変えながら)こうやればこう見えるでしょ。こう変えればこう変わるでしょ。これが不思量底を思量するということです。坐禅はいくら姿勢を整えたって、この不思量底を思量するということがなければ

禅 茶話会また続き~2012年9月井上貫道老師東京都青梅禅会⑨2013年04月17日(水) 掛川 少林寺の井上貫道老師のお話です。うちに来る人なんかでもそう。「もう頭いっぱいで何もできなくて、どこにも行く気がしない」って。うちに来てるじゃない。「もう、食べるのも飲むのも
『只管打坐の基本―坐禅入門9 東京都禅会by井上貫道老師』の画像

禅 事実は人を騙さない、苦しめない~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より⑥ うち[井上貫道老師の寺院・少林寺]の座禅会でもこの前、こんな事があった、おじいちゃん、人は生まれたら必ず死ぬのになんで働くの?って、小学校一年生の子がおじいちゃんに夏休み聞いた

禅 本物ちゃんとわかるようにできている~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より⑤ ④の続きです。本物ちゃんとわかるようにできている 本物を見るのに、自分の余分な考え方を入れたらわからなくなりますよ。本物は人に苦労かけずにちゃんとわかるようにできているこ

仏道修行・坐禅修行の根本 自分を見極める時は思考を使わない  ~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より④ 人は如何に自分の思いの中にいて、事実(=真理)を知らないかここから法話: 皆さんどんな勉強普段しているんですか? 自分の事みんな放っぽっていません
『只管打坐の基本―坐禅入門4 東京都禅会by井上貫道老師』の画像

井上貫道老師・坐禅の方法と秘訣●修行して解脱するんじゃないです。すでに解脱してるんです。そのことに気づき、ああ、なるほど、確かに解脱してるな、となるのが坐禅です。こういう実証方法を伝えてきたのが仏教のすばらしいところですね。●自分の抱えている問題を修正し
『只管打坐の極意―曹洞宗師家・井上貫道老師』の画像

↑このページのトップヘ