坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of an enlightened Japanese Zen Master Kando Inoue Roshi 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される井上貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト イメージ画像

井上貫道老師のことば

禅 座禅の心構え ~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より① 以下井上貫道老師より御挨拶、座禅の心構え、座禅指導  坐禅のやり方、坐禅の実践方法 ← ここにも井上貫道老師が詳しく話されていますご丁寧な紹介並びにご挨拶頂きましてありがとうございます。それほ
『只管打坐の基本―坐禅入門1,2 東京都禅会by井上貫道老師』の画像

坐禅 只管打坐はシンプルー座禅中に目を開くことの意義禅 座禅後の指導 目を開けること ~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より③ 今回の③は約17分です。椅子座禅30分終わって、そのあとの井上貫道老師のお話です。  やってる事はそんなに難しい事は何もな

仏道修行・坐禅修行の根本 自分を見極める時は思考を使わない  ~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より④ 人は如何に自分の思いの中にいて、事実(=真理)を知らないかここから法話: 皆さんどんな勉強普段しているんですか? 自分の事みんな放っぽっていません
『只管打坐の基本―坐禅入門4 東京都禅会by井上貫道老師』の画像

禅 本物ちゃんとわかるようにできている~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より⑤ ④の続きです。本物ちゃんとわかるようにできている 本物を見るのに、自分の余分な考え方を入れたらわからなくなりますよ。本物は人に苦労かけずにちゃんとわかるようにできているこ

禅 事実は人を騙さない、苦しめない~2012年9月井上貫道老師・東京都青梅禅会より⑥ うち[井上貫道老師の寺院・少林寺]の座禅会でもこの前、こんな事があった、おじいちゃん、人は生まれたら必ず死ぬのになんで働くの?って、小学校一年生の子がおじいちゃんに夏休み聞いた

◇井上貫道老師のことば◇● 修行に時間がかかる人は、結局、何も実践していなんだね。(月1回の座禅会に2つ、3つ来て、坐禅して法話聞いて、1か月後にまた坐禅会に来て、坐禅して法話聞いて、それをまじめに長年繰り返すなど)● Q.坐禅はどうやればいいのですか?A.この身

只管打坐の基本―坐禅入門8  東京都禅会by井上貫道老師井上貫道老師の師・井上義衍老師のことば  井上義衍老師とは→こちら ▷ 「我見をこれから離れるのではない。我見の起る前があって、その前が自分の真実です。それが本来の私共の心の在り方です。空にする前に空で
『只管打坐の基本―坐禅入門8 東京都禅会by井上貫道老師』の画像

禅 茶話会また続き~2012年9月井上貫道老師東京都青梅禅会⑨2013年04月17日(水) 掛川 少林寺の井上貫道老師のお話です。うちに来る人なんかでもそう。「もう頭いっぱいで何もできなくて、どこにも行く気がしない」って。うちに来てるじゃない。「もう、食べるのも飲むのも
『只管打坐の基本―坐禅入門9 東京都禅会by井上貫道老師』の画像

箇の不思量底を思量せよ 「不思量底」とは何を指すのか。 (カチン)これは人間の思い量りで聞いてるわけではない。 大きな音だとか、いい音だとか、一切そういうようなことなしに行われてる、 その辺を不思量底と言うんですね。 いちいち皆さんが今触れているところで

不思量底如何が思量せん 思量と不思量 思う前の状況がある 思うっていうことがあるということは、そもそもその前の状況がある、ということでしょう。思うという前はどうなってるかって言ったら、思いがついてないってことでしょう。人間はその思いがついていないところをあま

不思量底、如何が思量せん。非思量。これ乃ち坐禅の要術なり。非思量「非思量」ここから先は理屈抜きなんだよ。説明の必要でないところじゃないですか。(コン)どうしたら人間の思量分別のついてないところで聞くことができるかって、説明なんか要らないじゃない。(コン)

いわゆる坐禅は、習禅にはあらず。ただこれ安楽の法門なり。 いわゆる坐禅は、習禅にはあらず(坐禅は)「習禅には非ず」いつもその一回こっきりで終わりです。坐禅は、積み重ねてだんだん上手になるような行をしているわけではない。もう一回さっきの音を聞きたいなんて無理で

六感の働きで学ぶ・六感の働きでいればよい純粋に耳の働きだけで学んで下さい。耳には人の聞き方はないんですよ。[どんな音でもその通りに聞こえる 人間の好き嫌いに関係なく聞こえる  自分の見解に合致することでも聞こえるし、自分とは反対の意見の発言でもそのとおり聞

今生きている事実から目をそらさないあれだけいろんなものを見てきたのに、今見えているものはこれだけだからね。これだけで十分だからね、どこへ行っても。そこへ行った時にそこへ行ったものがその通りに見えさえすれば、それで十分。どんなものでも、実物というのはたった

「事実」に触れるためには、実践してみる「本当に『事実』に触れると、今まで体験したことがないものだから、驚くんです」本当にこういうことの内容に触れたかったら、やってみるしかないんじゃないですかね。やらないで評価してみてもどうしようもないと思う。やったら自ず

悟っている人と悟っていない人仏道とは自分の見方をやめること,人間の見解を使わないこと悟ってる人と悟ってない人とかっていうことが、初めから無いじゃないですか。皆さん、あると思ってますか。そういう自分の見方をやめるってことじゃん。自分で勝手な推測をして、自分

井上貫道老師の提唱と質疑応答井上貫道老師質疑応答集井上貫道老師・神戸坐禅会での提唱後の質疑応答が、坐る会サイトに文字に起こされています。 サイト=ウェブサイト=いわゆるホームページ(和製英語)のこと 井上貫道老師との質疑応答集はこちらにあります。井上貫道老師
『井上貫道老師との質疑応答集』の画像

老師との質疑応答の例坐る会のサイトからの引用とご紹介です提唱質疑  ・  11-17-2017 [日付は提唱の行われた日付]坐禅した方がよいか?今とは?#003 坐禅した方がよいか?今とは?【質問者】ふだん坐禅はあまりしないのですが、やっぱり見性される方というのは、攝心とか
『仏道の指導者との質疑応答の必要性』の画像

事実で人は救われる Q. 事実を正しく見たら、なぜ救われるのですか? 事実を見ることと、苦しみの解決と、どういう関係があるのかよく分かりません。 A. はっきりするからでしょう。 Q. はっきりしたらなぜ救われるのですか。 続きはこちらです← 参禅者のブ
『なぜ事実を見れば苦しみから救われるのか?ー老師との質疑応答』の画像

仏道は何を学ぶか「だから、こういう、禅とか仏道とか、学ぶのに、ものは学ばない方が絶対いい。学んできた人は厄介でしょう。第一、聞き入れない、人の話を。あの人何言ってるんだろうって。そんなことどこにも書いてないって。変じゃないかって思ったら、もう聞かない。容
『仏道はものを学ばない方が良い』の画像

この世は舞台で与えられた衣装を来て一生を終わったらいいのだという考え方があるが質問:この世は舞台であって、みんな、与えられた衣装を来て一生を終わったらいいのだという考え方※ がある中でなぜわざわざ坐禅をするのでしょうか?回答:あなたはそうやって海外の人が衣
『質疑応答:この世は舞台のようなもので男も女も役者に過ぎないのだという考え方がありますが』の画像

本当に坐禅できるようになるには何が必要なのですか?質問 (今日初めて参加した人) ちゃんと坐れる様になるというのは、頭の中にいろんなことが出てくるのとちゃんと坐れるようになる間には何かあるんですか?答え 間にはないです。いろんなことが出てくるだけでいれるかど
『質疑応答:本当の坐禅ができるようになるには』の画像

↑このページのトップヘ