在家(僧侶ではない)で悟って修行を終えた松本自證老師

松本自證老師は、お坊さんではない在家ですが、参禅修行の結果、釈尊と同じ悟り体験をして決着を付けられた方です。
現在は、仕事の傍ら、東京や関西で修行の指導をされています。在家の男女が多いですが、出家の方も参禅されています。

井上貫道老師のことば 在家の人が悟る を読む196mjjoshiosakazazenkai

 「松本自證老師とは」 に登録する  ハンドルネーム可 今まで400名様以上が登録されています


遠隔地の方は、ネット参禅もあります。スカイプよりもっと簡単にURLだけで参禅可能です。
matsumotonetzenkaifutoji
 ネット禅会には自宅に居ながら、金曜の夜の代々木坐禅会または土日の長時間坐禅会に参加が可能です。詳しくは青いボタンをクリック。

(写真は、松本自證老師大阪禅会高槻会場での女性単の風景) 

松本自證老師について
1961年、神奈川県生まれ。本当のことが知りたい、死んだらどうなるのか、と思い始め、探求が始まる。
思索や瞑想など様々なことを行い、様々な体験もするが、得心できず過ごす。
そんな時、書店で偶然に、井上義衍老師の書籍の単行本を見つけ、その場で立ち読みし、これで探求が終わると分り、本にあった情報を元に、浜松市龍泉寺を訪ね、禅の指導を受け始める。

ほどなく、掛川市少林寺、井上貫道老師を師とし、坐れるようになるまで質疑を限りなく繰り返し、坐れるようになり、時を見つけてはただ坐ることを行う。

ある深夜、音にて既に明確であったことが明確になる。 



◯ 松本自證老師の 「悟後の修行はない」 という記事を読む


◯ この続きを読む(松本自證老師のことばなど)は、こちらへ




◯ 松本自證老師のサイト(ホームページ)はこちらへ
 
遠方で東京や関西に行けない方、スケジュールが合わない方は、パソコンやスマホを使ってのオンラインでの指導もされています

◯ 松本自證老師の関西禅会ホームページはこちらへ