魯山貫道老師の京都坐禅会が土日以外に開催されます


お寺の縁側
(写真は、京都坐禅会とは関係がありません)

11月26日(月) 会場は、交通至便の京都・四条烏丸 抽解時間はわずか10分、1炷40分の長時間座禅する本格的な坐禅会です
貫道老師1126京都四条坐禅会の情報を見る
申込み受付中 残席わずか↑


11月27日(火) 会場は、京都郊外の宇治の興聖寺(こうしょうじ)専門僧堂
貫道老師1127京都宇治坐禅会の情報を見る



※脚が痛いのではないかと心配される方へ:
長時間坐ることに慣れていなくても、その環境に入ってしまえば坐れます。
40分の坐禅途中で一回くらいは静かに脚を外して、また組み直しても構いません。
大切なことは、よその坐禅会ではまず学べない、坐禅のやり方・内容・坐禅中はどういれば良いのか
ということです。

貫道老師の京都坐禅会は、とても人気があり、すぐに定員になりますので、
11月26日の2ヶ月前の9月26日午後8時に受付開始を告知していましたが、26日分は受付はじまっています。

 (写真はイメージです 今回の坐禅会場は寺院ではありません)
翌27日(火) にも、主催者は異なりますが、京都の寺院で貫道老師の坐禅会が開催されます。
上にリンクしています。

20181126kyotozazenkai
貫道老師1126京都四条坐禅会の情報を見る
申込み受付中 残席わずか

人気があり、すぐに定員になりますので、2ヶ月前の9月26日午後8時に受付開始します。


貫道老師1127京都宇治坐禅会の情報を見る


貫道老師京都坐禅会 差定 11月26日(月)
以下は、11月26日の四条烏丸坐禅会の差定(さじょう=スケジュール)です

午前10時30分から坐禅の説明と坐禅5炷(ちゅう)、食事、独参、提唱、質疑
午後5時30分解散

10:00~       入場・受付開始

10:3011:10  坐禅指導と坐禅

11:1011:20  経行(きんひん) *

11:2012:00  坐禅(独参* *あり)

12:0012:10    経行(独参あり)

12:1012:50  坐禅(独参あり)

12:5013:00  経行(独参あり)

13:0013:40  坐禅(独参あり)

13:4013:50   斎座* * *準備

13:5014:50  斎座(各自持参)

14:5015:30  坐禅(独参あり)

15:3015:40  抽解* (独参あり)

15:4016:30  提唱ていしょう

16:3017:20   質疑応答

17:2017:30   皆で片付けをして終了

*経行(きんひん)は歩行禅、抽解(ちゅうかい)は、東司(とうす=便所)時間

**独参は坐禅の方法の個人指導(別室にて) 希望者のみですが、初心者必須            

「修行に遠慮は要りません」―貫道老師

***斎座(さいざ)は中食(昼食)

貫道老師1126京都四条坐禅会の情報を見る
貫道老師1126京都四条坐禅会に申込む

※脚が痛いのではないかと心配される方へ:
長時間坐ることに慣れていなくても、その環境に入ってしまえば坐れます。
40分の坐禅途中で一回くらいは静かに脚を外しても構いません。

肝心なのは坐禅の内容です。正しく楽に坐禅ができるように、その指導を井上貫道老師はされます。独参(個人面談)でも確認ができます。


☆「昔から悟る人、自覚する人が少ないように見えるのは、自覚するのが難しいからではないのです。

世の中で坐禅をしている人はたくさんいますが、正しい坐禅の仕方がほぼ伝わっていないからです。

だから悟る人が少ないのです。

貫道老師のように、本当の坐禅を伝えている方がいないからです。

どうか、正しい坐禅ができるようになって下さい。まず、正しい坐禅とはどういうものか理解できて、次に、それが実行できるようになることです。


楽に坐禅できるようになったら後はそれを継続するだけです。

そしたら、何日とか何ヶ月とかはわからないのですが、必ず自覚する時が来ます。」
 ―松本自證





2018年貫道老師坐禅会の関西地域の予定
2018kansaizenkainewschedule
11月27日(火)京都・宇治の興聖寺(こうしょうじ)坐禅会 (別の主催者となります)

10月28日(日)は神戸の井上貫道老師坐禅会です。残席なし。キャンセル待ち。
11月25日(日)は神戸の井上貫道老師坐禅会です。残席なし。キャンセル待ち。


12月11日(火)は井上貫道老師大阪坐禅会です。
12月15日(土)は松本自證師京都坐禅会です。残席わずか。

松本自證師は、在家で僧侶ではないですが、大悟徹底されている方です。
普段は東京にて坐禅会をされていますが、年に何回か関西に呼ばれて行かれます。

松本自證師の紹介記事を読む


※関西の坐禅会では、1炷40分、経行(きんひん)と抽解時間は10分にしています。
それには、理由があります。
曹洞宗では、伝統的に、坐禅の差定(さじょう=時間割)は、
止静(しじょう)40分、経行(きんひん)と抽解(ちゅうかい)20分にして、それを繰り返しています。

抽解中に東司(とうす=便所)に行けます。
専門僧堂のような多人数で、しかも寺域が広いと東司(とうす=便所)に行って帰ってくるだけでも、
10分の経行(きんひん)以外にもあと10分ないと禅堂に戻れません。
いや、早い人は早いのですが、集団になるとどうしても、遅れる人が出てくるので、
広いお寺のような環境だと、経行(きんひん)10分+抽解10分が必要になります。

しかしながら、街の禅堂スペースで同じことをやると、時間が余り間延びして、
次の止静(坐禅)まで暇だからおしゃべりをするというような事態にもなり、
せっかくの修行がパーになる可能性があります。

そこで、試行を重ねて、10分にしています。
(長井自然老師の安穏寺国際参禅道場も、経行+抽解時間は短いです)

管理する人にとっては、40分ー20分の方が切りが良いので、
13時きっかりに止静、次の止静は14時、次の止静が15時と
鐘を鳴らすのも便利なのですが、
あえて、伝統の時間配分をやめました。

そこは現代、電子機器を活用して、
プログラム化しておけば、
まだ修行中の主催者も時間を気にせずに他の参禅者と同じ様に、
修行に専念しやすいのです。

プログラム化?
はい、zazen meditation timer  というアプリを関西の主催者たちは利用しています。
android で使えます。
たとえば、
4炷の坐禅セットをしておけば、
4炷の間、止静鐘、経行鐘、抽解鐘、つぎの止静鐘。。。という風に、繰り返してくれるので、とても助かります。

iPhone の iOS にはまだこのアプリありません。