坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト

Dharma Talks of an enlightened Japanese Zen Master Kando Inoue Roshi 井上貫道老師が、悟りを体現された経験から坐禅の方法や仏道について語られたものを掲載しています web上に散見される井上貫道老師のことばも引用掲載し、まとめブログとしました ( これは参禅者によるブログであり、公式サイトではありません ) このブログが正師への参禅のきっかけになりますように

坐禅の仕方と悟り,見性,身心脱落:井上貫道老師の庵 まとめサイト イメージ画像

更新情報

「坐禅は習禅にはあらず」・坐禅はトレーニングではない  坐禅は本当に何もする必要が無かった「修行は「思い」ではないんです。『こうやればいいんだ』って方程式を立てておいて、それに沿ってやることではないです。」― 井上貫道老師坐禅の形・組み方(目・手・脚・口)―
『坐禅はこうするのだ:坐禅の仕方―何もしないのが坐禅』の画像

道元禅師正法眼蔵提唱録―井上貫道老師井上貫道老師「正法眼蔵提唱録」のサイトのご紹介井上貫道老師が岡山県玉島の円通寺坐禅会で、道元禅師の『正法眼蔵』の提唱をしておられます。それを文字に起こしてあるブログがありましたので、ご紹介させていただきます。こちらにな

井上貫道老師平成30年前半の坐禅会日程☆井上貫道老師は悟りを開き、仏道を体得された方です。厳しい修行を長年したとかではなくて、正師の指導による正しい修行によって、釈尊と同じ体験をして自己を明らめた、悟りを開いた、事実を見届けた方です。☆井上貫道老師の坐禅会
『井上貫道老師の平成30年前半坐禅会日程』の画像

道元禅師の『正法眼蔵 三十七品菩提分法』の井上貫道老師提唱録7月に予約出版の受付をされていましたが、今回、通販の形で購入することができるようになったようです。『井上貫道老師提唱「正法眼蔵 三十七品菩提分法」』頒布中題名 「正法眼蔵 三十七品菩提分法」 井上
『『道元禅師正法眼蔵』提唱録―井上貫道老師』の画像

coming soon後日編集しますが、今はこちらをご覧ください。 https://kobezazen.jimdo.com/2018/01/29/井上貫道老師-提唱-h29-1-29-坐禅のやり方/ https://kobezazen.jimdo.com/ブログ/動画  

「事実」に触れるためには、実践してみる「本当に『事実』に触れると、今まで体験したことがないものだから、驚くんです」本当にこういうことの内容に触れたかったら、やってみるしかないんじゃないですかね。やらないで評価してみてもどうしようもないと思う。やったら自ず

今生きている事実から目をそらさないあれだけいろんなものを見てきたのに、今見えているものはこれだけだからね。これだけで十分だからね、どこへ行っても。そこへ行った時にそこへ行ったものがその通りに見えさえすれば、それで十分。どんなものでも、実物というのはたった

六感の働きで学ぶ・六感の働きでいればよい純粋に耳の働きだけで学んで下さい。耳には人の聞き方はないんですよ。[どんな音でもその通りに聞こえる 人間の好き嫌いに関係なく聞こえる  自分の見解に合致することでも聞こえるし、自分とは反対の意見の発言でもそのとおり聞

いわゆる坐禅は、習禅にはあらず。ただこれ安楽の法門なり。 いわゆる坐禅は、習禅にはあらず(坐禅は)「習禅には非ず」いつもその一回こっきりで終わりです。坐禅は、積み重ねてだんだん上手になるような行をしているわけではない。もう一回さっきの音を聞きたいなんて無理で

不思量底、如何が思量せん。非思量。これ乃ち坐禅の要術なり。非思量「非思量」ここから先は理屈抜きなんだよ。説明の必要でないところじゃないですか。(コン)どうしたら人間の思量分別のついてないところで聞くことができるかって、説明なんか要らないじゃない。(コン)

不思量底如何が思量せん 思量と不思量 思う前の状況がある 思うっていうことがあるということは、そもそもその前の状況がある、ということでしょう。思うという前はどうなってるかって言ったら、思いがついてないってことでしょう。人間はその思いがついていないところをあま

箇の不思量底を思量せよ 「不思量底」とは何を指すのか。 (カチン)これは人間の思い量りで聞いてるわけではない。 大きな音だとか、いい音だとか、一切そういうようなことなしに行われてる、 その辺を不思量底と言うんですね。 いちいち皆さんが今触れているところで

お詫び此の度は,参禅者の体験談としてある方の体験談を、記事として許可なく掲載してあることをご本人様よりご指摘を受けました。昨年に一度許可を求めてその時に掲載拒否をされたにもかかわらず、この度無断で掲載をいたしました。この度は、多大なご迷惑をおかけしまして、

井上貫道老師神戸(兵庫県)坐禅会 悟りの体現者・井上貫道老師2017年兵庫県神戸坐禅会は年間開催回数が増え、かつ1日の坐禅時間が増えます[ 以下は神戸坐禅会主催者・世話人様からのお知らせの転載です ]「井上貫道老師 神戸坐禅会」でございます。井上貫道老師 神戸坐禅会(
『井上貫道老師2017年神戸(兵庫)坐禅会のお知らせ』の画像

悟りの体現者・井上貫道老師の大阪坐禅会での提唱DVD一般頒布しています【内 容】井上貫道老師大阪坐禅会(年4回開催中)の提唱と質疑のすべて提唱講本は、道元禅師『普勧坐禅儀』貫道老師神戸坐禅会での動画は、こちらでは取扱がありません。【頒布状況】3ヶ月に1枚ずつの発行
『井上貫道老師の提唱DVD一般頒布しています』の画像

井上貫道老師京都大阪神戸坐禅会のホームページがリニューアルされました井上貫道老師京都大阪坐禅会のサイトhttp://zazenkyoto.blog.jp/井上貫道老師神戸坐禅会は、1月、2月、4月、5月、7月、8月、10月、11月の原則第四土曜日の翌日に開催 25年スタート 29年から年間8回と
『井上貫道老師京都大阪神戸坐禅会のホームページリニューアル』の画像

参禅歴15年で見性した参禅者は、15年のうち、実は1年しか修行していなかった  14年間、間違った坐禅をしていた=14年間、坐禅の仕方が分かっていなかった の意味です「修行して解脱するんじゃないです。すでに解脱してるんです。そのことに気づき、ああ、なるほど、確かに
『正師に出会いながら、15年のうち、14年間、間違った坐禅をしていた人』の画像

70歳の参禅者が臘八摂心中に突然、見性体験をした例Tさんの臘八大攝心中の見性体験です。臘八(ろうはつ) 臘八の臘は臘月(ろうげつ12月)、八は八日のこと  お釈迦様(ゴータマ・シッダールタ)が臘八つまり12月8日に悟られたことにちなんで、禅宗寺院では12月8日まで摂心(せ
『70歳の古参の参禅者が臘八大摂心中に見性』の画像

井上貫道老師に参禅を始めて、すぐに、自分はいない体験(自我消滅体験) をする人達井上貫道老師のある坐禅会の司会の方が、ある時このような発表をされました。「最近、参禅始めた初心者の方に体験の出るのが多いです。ある人は、自分の部屋に入った時、自分がいないことを体
『参禅入門後すぐに、自分がいない体験をする人々―― 坐禅の本質』の画像

[ 付録 ]  番外編1 以下は、以前の方々ですので、会下ではありません 東大卒で大悟した現代人たち著書などで世に知られていてすでに遷化されている人3人だけのご紹介です飯田トウ隠老師 医師・飯田氏飯田欓隠老師は、山口県の生まれ 旧姓片野だったが、飯田家の養子となる
『東京大学卒で大悟した禅者・僧侶たち―現代人の悟り』の画像

自己は消え、老師の声が聞こえるのみ――貫道老師坐禅会参加が2回目のある女性の体験井上貫道老師のある坐禅会のことです。午前中坐禅を3炷(ちゅう)、それから斎座(さいざ=昼食)、午後坐禅1炷、提唱、質疑応答という差定(さじょう=時間割)です。老師の提唱後、お茶とお菓子
『自分は無く、 ただ声だけがあった――女性参禅初心者の体験』の画像

老師が提唱しているのではなくて、自分が提唱をしていたー一参禅者の体験井上貫道老師のある坐禅会が終わって、会場片付けの時に、何人かの人が老師の周りに集まってきました。その中の一人Wさんが言われました。「実は、このところ坐禅をする時間がなくて、今日はガッツリ坐
『老師ではなくて、自分が提唱している―ある参禅者に起こった体験』の画像

↑このページのトップヘ